ざっと日刊つり人

釣り情報満載! 国内で最も歴史のある釣り雑誌「月刊つり人」編集部員によるオフィシャルブログです。
取材時の裏話など、釣りにちょっぴり役立つ記事を、ざっと日刊でお届けします!

クマに襲われたらどうすればいい?

twitterでつぶやく

予想はされていましたが
2017年もクマの被害がここにきて増えています。

_DSC4687


先月、秋田県仙北市でクマに襲われて死亡した女性が
クマ鈴を複数付けていたというニュースには衝撃を受けました。
同様の事件は今年北海道でも起きていて
クマよけの鈴を複数身につけていた男性が
東部の標茶町でヒグマに襲われて大けがをしたのです。
そのニュースはコチラ

これまでクマに8回襲われて生還したクマの研究者
米田一彦さん(日本ツキノワグマ研究所理事長)は
新著『熊が人を襲うとき』で過去1993件のクマ襲撃事件を取り上げて
熊が人を襲うときの核心に迫っています。

image


渓流釣りやアユ釣り、山菜採りなどで不運にもクマと遭遇してしまった場合
米田さんが最も推奨する方法は熊スプレー。
本書ではその理由も説明されていますが
クマ鈴は音によってその効果が違うそう。
また、ラジオの使用に関しては、接近するクマの気配が分からなくなるので
米田さんは今は使用していません。

意外にも
「死んだふり」は有効だそうです。
この方法で助かった例を取り上げ
うつぶせになって首を両手で守り、背中はザックで守るのが最適と解説しています。

死んだふりが有効かもしれないというのは
実際にクマに襲われた方々の体験談を集めた単行本
熊!に出会った襲われた
からもうかがい知れます。

_SX348_BO1,204,203,200_


襲われた方々に共通しているのは
顔をめがけて襲い掛かってきたという点。
さらに、走ったり、抵抗したりすると、熊は余計に攻撃的になります。
そう考えると熊に出会ってしまったら、うつ伏せになって微動だにしなければ、
被害は最小限に食い止められるのかもしれません。

「熊に出会ったら死んだふりをしろ」
という昔からの言い伝えには、このような理由があるのではないでしょうか。






シマノ公式サイトに阪本智子さんの船釣り入門の新ページがオープン!

twitterでつぶやく

01-DSC_6702


奇数月発売の月刊『つり人』にて、
毎回、関東近郊の船釣りの魅力をお伝えしている、
「阪本智子の旬魚探見!(しゅんぎょたんけん)」。

今月から、阪本さんがイメージガールを務める
シマノの公式ウエブサイトで、
オンラインで楽しめる特設サイトがオープンしました!

スマホで見やすく、通勤電車などのちょっとした時間に眺めれば、
まだやったことのない釣りも気軽にイメージできます。

船釣り(沖釣り)って、どんな釣りがある?
どうすればできる? どこが面白い? 

気になる方はこちらでチェックいただけます。








16團ーバーの巨ゴイ!『カープフィッシング2017 Spring』も鋭意編集中。

twitterでつぶやく

伝説のコイ取り名人、「まーしゃん」の故郷・筑後川。
本日飛び込んできた地元西日本新聞のニュースもびっくりでした。

carp-news


春はコイ、カープの季節。
編集部一の鯉キチ、O編も黙々と来月発売(5/15)の
別冊『カープフィッシング2017 Spring 』を編集中。

当初の予定より少し遅れておりますが、
発売までもう少しですので、熱きカープファンの皆様、
今しばらくお待ちください!
最新号
記事検索
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ