ざっと日刊つり人

釣り情報満載! 国内で最も歴史のある釣り雑誌「月刊つり人」編集部員によるオフィシャルブログです。
取材時の裏話など、釣りにちょっぴり役立つ記事を、ざっと日刊でお届けします!

あんたも好きねえ

twitterでつぶやく


昨晩は満月、大潮。
まだ今年はロクな釣果がないバチ抜けシーバスの
大チャンスに思えました。

しかし、当日は本誌の校正日。
早く帰りたい。
その一心で、朝から校正を続けると
当日分はあらかた目を通すことに成功。

この時点で夜の8時。
ちなみに満潮は5時5分。
おそらくビッグチャンスは下げ潮が利き始めた日没直後でしょう。
ダッシュで電車に乗り込み、家に帰り、
家族との会話もそこそこにタックルを手に家を出て近所の運河へ。
家から釣り場までは歩いて行ける距離なので
9時半にはキャストを開始しました。

しかし……といおうか
やっぱり……といおうか
潮位が低いんである。
バチはほとんどいない。
当然ライズもほとんどない。

たまに20cmクラスのセイゴと思しき
「ピチャ」という小さな水音と、
「ドッパーン」というボラの跳ねがあるのみ。

こりゃ期待薄だわ……。
と、思いきや、数投でノーシンカーワームに「ガボッ」と出ました。
ちなみにリグは、
オフセットフックのゲイプ部分にトリプルフックを噛ませたもの。
それを、あたかもバチが水面を泳いでいるように
引き波を立てながら立てザオで操作します。

魚を捕食するときと違い、
バチを捕食するシーバスは吸い込む力が本当に弱く
なかなかフッキングしないのですが、
この日は1発目のバイトでフッキング。
サイズは50cm弱。この時期のアベレージサイズです。
その後もライズはないけれど、バイトは計5発あり
1回は魚の重みがロッドに乗ったが、すぐにバレてしまった。

その後、別の取材を終えたフリーカメラマンの浦壮一郎さんと
10時半頃に合流。彼も、例のバチフライ=モボの愛好者です。
この運河でフライを振っている人は見たことないけれど果たして釣れますか。

潮はすでにド干潮。最も期待できない時間帯。ライズもほとんどなし。
ところが、2人で釣り初めてすぐに、ワームにヒット。
こちらは40cmクラスとセイゴに毛が生えたようなものでしたが
PE0・4号なのでドラッグを利かせたやり取りは面白い。

日付も変わり、潮も動かず
相当寒くなってきたのでもう帰ろうかと思っていたら
浦さんにもヒット。

_5131748-1.jpg
あんたも好きね〜

サイズはやはり小さめでしたが
この運河でフライで釣ったのを見たのは初めて。
今度はもっといい時間帯の、
ライズがボコボコの時に2人で再挑戦するつもり。
2桁釣りか、70cmオーバーを釣ったら
それから大型アオリイカの乗っ込みを堪能したら
きっちりアユモードに入りたいと思います。
ちなみに、今度の7月号の特集はアユ。
今年は各地から景気のいい話がバンバン飛び交い
かなり期待がもてそうです。
いつまで経っても万年ビギナーのワタシにとって
今年は千載一遇のチャンス。
内心ちょっと燃えているのです。はい。




狩野川アユ試し釣り!

twitterでつぶやく


今年のアユ解禁情報を全国の漁協に問い合わせたところ、
特に雨が多かった地域では例年以上の遡上が見られるようです。
解禁日が待ちきれないアユ釣りファンも多いことでしょう。

5月11日には、今年のアユの遡上状況、育ち具合などを確認するために
狩野川でアユの試し釣りが行なわれました。
当日は今月号にも登場していただく高松重春さんをはじめ、狩野川を愛する
多くの人が集まりました。

その中に混じっていたのが、アユ釣り未経験の僕。
狩野川漁協組合長である植田正光さんの後にピッタリと寄り添い、
名手のテクニックを盗んで次から次へアユを釣る

05.jpg

……はずでしたが、
当日はあいにくの雨。
川は濁流と化し、とてもではないが
僕ごときの手には負えない。チクショー!
だが岸寄りの流れには多くのアユが遊んでいるのが見られたし、
地元の人の話では
「田んぼに水を引くとアユが入ってくるんですよ。今年は期待できそうですね」
という嬉しいニュースも。
そんな話を証明するように、
この悪条件下でも10尾以上釣った人もいました。
04.jpg
今年の狩野川は、きっとファンの期待に応えてくれるでしょう。
今年は僕も狩野川で人生初のアユを釣ってやる!
06.jpg

逃避行

twitterでつぶやく


釣り好きの僕にとって、
いまの仕事は天職のようなものだ。

唯一、憂鬱になる時期があるとすれば、それは

校正だ。

編集者にしては珍しく、
視力1・5と1・5の僕にとって、
1日中、活字を目で追う仕事はツライ?
(だいたいみなさん、0・1くらいのようデス)

やはり、海面に浮かぶウキや水面を走る目印に
この視力を活かしたい。
あんまり活字ばっかり見ていると、
視力が低下するような恐怖感があるのだ。

というわけで、営業部からの
「すみません、今度の週末、S社主催の大会が
南伊豆であるんですけど、行けないですよね?」
という突然の申し出に対して
「S社にはお世話になっているのだから、
何が何でも行かねばなるまい、よしオレが行く」
と即答したしだい。

みんなは編集部で校正。
僕は南伊豆に向けて
ミッドナイトクルージング。
もちろんトランクにはカメラバックとロッドケース。

よっしゃ、明日は釣ったるデ〜!

最新号
記事検索
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ