ざっと日刊つり人

釣り情報満載! 国内で最も歴史のある釣り雑誌「月刊つり人」編集部員によるオフィシャルブログです。
取材時の裏話など、釣りにちょっぴり役立つ記事を、ざっと日刊でお届けします!

雨の南伊豆は「カイ〜の」

twitterでつぶやく


土曜日、校正から逃げるように
南伊豆へ行ったものの、
天罰が下ったのか
山々から強風が吹き降ろし、
磯に降りるやドシャ降りとなった。

渡った磯は南伊豆中木の白根。

1投目から同行者のサオが次々と曲がる。

釣れるのは30cm前後のメジナやイサキ。

雨が小降りになった頃合を見計らって
写真撮影を行なう。

早くオレも釣りして〜!

ひと通りおさえたし、
そろそろやっちゃおうかな、
なんて考えていると、
G杯覇者、久保野孝太郎氏のサオが
絞り込まれた。
しばしのやり取りの後、
水面を割ったのはシマアジの49cm。

垂涎の獲物を見せ付けられ、
どうしてサオをださずにいられようか。

カメラをしまい、ロッドをセット。
すると、雨脚が強くなる。
5年以上も酷使しているカッパから、
ジワジワと水が浸入してくる。
ヒザやウデの辺りが冷たい。

え〜い、ままよっと
空いている向かい風のポイントへ。
雨が顔に当たって痛い。
息が詰まるほどの強風大雨。
すぐに風裏へ避難。

どうしたものかと思っていると、
濡れたヒザやウデが痒くなってきた。
そういえば、数日前から
体の色々な部分に痒みが現われては消える
という、これまでに経験したことがない現象が
時おり起きていた。

カッパ越しにボリボリ掻いていると、
足の裏からうなじくらいまで、ほぼ全身が痒くなってきた。
耐えられないのは手が届かない背中。

ドシャ降り、強風のなか、僕はサオもカメラも持たずに、
直立したまま背中を岩壁にこすり付ける。

「カイ〜の」、「カイ〜の」

痛みには耐えられるが、痒いのはどうにもならん。
尿意を催しても、カッパを脱ぐ気にもならず、
腹が減ってもメシを食えるレベルの雨脚ではない。

同行者は、そんなタフコンディションにもめげずに
黙々とサオを振り続ける。
これぞ、磯釣り魂だ。
それに比べ、モジモジしながら背中を岩壁にこすりつける
自分はいったい…。

気が遠くなるような意識の中で、
僕はその後、数時間、船が来るのをひたすら
待ったのだった。

DSC_6767.JPG
サンスイ渋谷海釣り館の磯担当、村田さん。イサキとメジナを次々とキャッチした。なお、この日のもようは、月刊つり人8月号で詳細レポート!


ほとんど日課?

twitterでつぶやく


「またシーバス!?」
カミさんの頭にツノが生えていますが、
そそくさと家を出ていつもの運河へ。
まだまだ校正が忙しく
フィールドへ取材に出られないこの時期
運河のシーバスは格好の遊び相手なんです。
しかも大潮。風もない夜で潮位もまだ高めとくれば
居ても立ってもいられません!

それにしても……
なぜ、バチ抜けシーバスにこんなに夢中になるのか?
自分でもちょっと不思議です。

まあ、近くて手軽というのが一番。
周囲にウジャウジャいるのが分かっているのも熱くなる理由。
ほとんどスレた魚相手の管理釣り場といった雰囲気なんです。

その日によってアタリがバンバンあったり
ライズはあっても全く相手にされなかったり
いまだよく分からないところも飽きない点。

とにもかくにも釣り場に着いたら
さっそく海面のバチをチェック。
水門より下流の河口側では潮こそ動いているものの
バチは見えず。ライズもなし。
で、水門を挟んだ上流側に行くと
状況が一変。まさにバチ天国。ライズもボコボコ!

これだよこれ! この状況を待ちわびていたんです!
ところが……
ワームの表層ピロピロには、反応はあまりない。
かといって周囲でミノーをキャストしている
ルアーマンのロッドも曲がっているようすはない。
いかにも美味しそうな状況なのに……。

何事もなく1時間が経過。
しだいに終息していくライズ。
ダメかと思ったら、突如、水面が割れ、
ロッドにグイっと重みが乗る。

PE0・4号にリーダーはフロロカーボン3号。
足場は垂直護岸なんで
ドラッグを利かせれば、ワタシが釣っているサイズなら問題なし。
底へグイグイ潜ったのち、ジャンプ一発。
あ〜楽しい!


この掛かりなら、まずバレません

タモ入れすると、オフセットフックとトリプルフックが
ともにフッキング。これならエラ洗いされてもバレないです。
サイズは50チョボチョボながら、
腹は丸々。コンディションよし。
その後、2回アタリがあったもののフッキングせず
さすがにカミさんが恐くなり、帰宅。
臭い玉網を風呂場で洗い、そそくさと就寝。
明日も風がなければ行こうっと。



あんたも好きねえ

twitterでつぶやく


昨晩は満月、大潮。
まだ今年はロクな釣果がないバチ抜けシーバスの
大チャンスに思えました。

しかし、当日は本誌の校正日。
早く帰りたい。
その一心で、朝から校正を続けると
当日分はあらかた目を通すことに成功。

この時点で夜の8時。
ちなみに満潮は5時5分。
おそらくビッグチャンスは下げ潮が利き始めた日没直後でしょう。
ダッシュで電車に乗り込み、家に帰り、
家族との会話もそこそこにタックルを手に家を出て近所の運河へ。
家から釣り場までは歩いて行ける距離なので
9時半にはキャストを開始しました。

しかし……といおうか
やっぱり……といおうか
潮位が低いんである。
バチはほとんどいない。
当然ライズもほとんどない。

たまに20cmクラスのセイゴと思しき
「ピチャ」という小さな水音と、
「ドッパーン」というボラの跳ねがあるのみ。

こりゃ期待薄だわ……。
と、思いきや、数投でノーシンカーワームに「ガボッ」と出ました。
ちなみにリグは、
オフセットフックのゲイプ部分にトリプルフックを噛ませたもの。
それを、あたかもバチが水面を泳いでいるように
引き波を立てながら立てザオで操作します。

魚を捕食するときと違い、
バチを捕食するシーバスは吸い込む力が本当に弱く
なかなかフッキングしないのですが、
この日は1発目のバイトでフッキング。
サイズは50cm弱。この時期のアベレージサイズです。
その後もライズはないけれど、バイトは計5発あり
1回は魚の重みがロッドに乗ったが、すぐにバレてしまった。

その後、別の取材を終えたフリーカメラマンの浦壮一郎さんと
10時半頃に合流。彼も、例のバチフライ=モボの愛好者です。
この運河でフライを振っている人は見たことないけれど果たして釣れますか。

潮はすでにド干潮。最も期待できない時間帯。ライズもほとんどなし。
ところが、2人で釣り初めてすぐに、ワームにヒット。
こちらは40cmクラスとセイゴに毛が生えたようなものでしたが
PE0・4号なのでドラッグを利かせたやり取りは面白い。

日付も変わり、潮も動かず
相当寒くなってきたのでもう帰ろうかと思っていたら
浦さんにもヒット。

_5131748-1.jpg
あんたも好きね〜

サイズはやはり小さめでしたが
この運河でフライで釣ったのを見たのは初めて。
今度はもっといい時間帯の、
ライズがボコボコの時に2人で再挑戦するつもり。
2桁釣りか、70cmオーバーを釣ったら
それから大型アオリイカの乗っ込みを堪能したら
きっちりアユモードに入りたいと思います。
ちなみに、今度の7月号の特集はアユ。
今年は各地から景気のいい話がバンバン飛び交い
かなり期待がもてそうです。
いつまで経っても万年ビギナーのワタシにとって
今年は千載一遇のチャンス。
内心ちょっと燃えているのです。はい。




最新号
記事検索
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ