西松建設の裏金事件で死者が出た。

自殺したとみられているのは
長野県知事の側近。
死ぬ前に東京地検特捜部の調べを受けていたようだ。

村井仁長野県知事といえば
脱ダム宣言をした田中康夫前長野県知事に
選挙で勝利した人。
田中康夫さんが無駄な公共工事は止めようと
全面的に訴えたのに対し
村井知事は砂防ダムなどの公共工事は必要といって当選した。

知事は今のところ
「なんの心当たりもない」
と言っているが
真相はいかに。

公共工事をめぐって
首長が建設会社から賄賂をもらう事件は
別段珍しくない。

それが本当に必要な公共工事ならまだしも
賄賂をばらまきたいがための工事としか思えないような
どうしようもない事業がいかに多いことか。

政官財の癒着にどっぷりとはまっている人たちに
もし良心というものがあるのなら
自分の私腹を肥やすために
どれだけの自然が破壊されるのか冷静に考えてもらいたい。

子どもたちや孫たちの財産を奪っているのだということも。

「大人を大人だからといって信じてはダメだ。
大人は所詮、子どもがひげを生やしたり、白髪を生やしただけ。
大人がいいことだけをするなんてことはないんだ」
中学時代の先生の言葉が思い出される。

脱ダム宣言に勝利した
村井知事に忍び寄る黒い影。
東京地検特捜部には厳しく追及してもらいたい。
(山根)