編集部には、いろいろなお客様がお見えになります。

本日はモリワキエンジニアリングの森脇護さんと尚護さん親子が来社。

決して、チームTSURIBITOが8耐に参戦するというわけではありません。

レース界では、あまりにも有名な親子ですが、
どういうわけか今、釣りにどっぷりハマっているのだとか。

護さんは船からのオニカサゴ釣り
尚護さんはレースの合間に琵琶湖でバスを釣っているそう。
お父さんの携帯には
尚護さんが60僂離丱垢鮖つ写真が!!

gdfhyej

話をうかがっていると
これが、とても面白い。

なにしろ生粋のエンジニアである。

釣りでも、さまざまなパーツを自作し
それを実釣に役立てているという。
発想が、やはり普通の人とは違うのだ。

いつか、森脇さんの沖釣りライフを取材したいと思っています。
全国のモリワキファンの皆様、楽しみにしていてください。

ちなみに、僕は高校生の頃
GPZ400Fというバイクに乗っていて
モリワキ・フォーサイトという集合マフラーを付けていました。

まさか自分がその森脇さんと釣りの話をするなんて
夢にも思っていませんでした。

普段の生活ではまず接点がないような人たちと知り合えることが
釣りの大きな魅力でもあります。
(山根)