トラウトのルアーフィッシングが
大きく変わろうとしている。

これまでは
トラウトの食欲を刺激して釣るのが
トラウトのルアーフィッシングの基本的な考え方だった。

しかし
昨今の渓流フィールドにおいて
目覚ましい結果を残しているのが
食欲ではなく本能に訴える釣り方である。

具体的にいうと
ミノーイングである。

5僂離轡鵐ングミノー。
これがキーワードになる。

fvdnktet524iphrfqehi[

本日発売になった
鱒の森VOL.3の特集は
全国のトラウトアングラーが気になって仕方ない
5僖轡鵐ングミノーをベースにした
渓流ミノーイングの大特集。

昔は
夏ヤマメ 一里一尾
なんていわれたけど
昨今のヤマメは夏でも食欲旺盛である。

クソ暑い街を抜け出して
渓流にミノーを投げに行ってみよう!!
(山根)