それにしても
チリでの地震の余波が
日本まで押し寄せてくるとは
改めて自然のパワーはスゴイと実感。

津波というと
真っ先に思い出すのが奥尻島だ。

奥尻島が大津波に襲われた後
ぼくは島を訪れたことがある。

案内していただいた地元の方に
「津波はあの辺りまで到達したんですよ」
と指さされた所を見てびっくり。

海沿いを走っている道路の山側の崖に
赤白のマーキングがされているのだが
それはビルの10階よりも高い位置にあった。

十数メートルもの高さの津波が
奥尻島を飲み込んだのだという。

今回は
そこまでの津波の心配はなさそうだが
油断は禁物だ。

(山根)