先日発売された『アオリイカ地獄IX 2010』。
アオリイカ地獄?

すぐ横に座ったA先輩が
コツコツ編集作業をしているのだから、
その時にゲラでも見せてもらえば内容は事前に分かります。
が、同じ会社から出ている本でこういうのもなんですが、
完成が待ち遠しい一冊でした。

以前、僕は月刊『つり人』の
「エギング道場」というコーナーで
アオリイカのエギングを基礎から学びました。
が、その時の釣果はさんざんなもの。

なんで上手くシャクれないのか?
なんで乗らないのか?

ひとつずつ学ぶうちに道場の講義は時間切れ。
その後はひとりイメージトレーニングを重ね、
次こそはと思い続けていたわけです。
といっても、その後プライベートで行った時も、
やはり結果は付いてこなかったのですが。

というわけで、2010年はこの本で学んだことを、
乗っ込みシーズンに試してみようと思っています。

ところで、
なぜそこまでアオリイカを釣りたいのか? といえば、
家内の好物がイカなため。

釣らないと三白眼でにらまれそうなので、
とにかくこの本を必死で読むしかないのです……。

(真野)