伊東の名物料理に、まご茶漬けがある。

まご茶ともいう。

下味を付けた魚のタタキをご飯の上に乗せ
その上から温かいお茶やだし汁をぶっかけただけのものだが
これがけっこううまい。

ただ、いかにも観光客向けのお店で食べると
キンメやマグロのタタキが乗っていて
とてもお茶漬けの値段じゃない、なんてこともある。

先日食べた
「味の若葉」のまご茶は
アジのタタキの上にネギとショウガがたっぷり乗っていて
アツアツの汁はしっかりとだしが効いていた。

高級店のまご茶にありがちな
岩のりや生わさびなどは付いてなく
いたってシンプルだったが
今まで食べたまご茶の中で一番うまかった。

RIMG0058

また、まご茶とともに
はんば茶漬けもメニューにあった。

RIMG0052

冬の磯に生えるハンバノリを豪快に乗せた茶漬けで
こちらも、ハンバノリの香りとダシ汁がうまいぐあいに絡み合っていた。

地元の人しか入らなそうなお店だが
やはり、こういうところに本当にうまいものがあるのだと痛感。

(山根)