一般食品の放射性物質の基準値を
これまでの1キロあたり500ベクレルから
一気に100ベクレルに下げる
というニュースが流れてから2日経過。

しかし、世間では不気味なくらい騒がれていない。

むしろ、金正日総書記死去のほうが
大きな騒ぎになっている。

これって、ひょっとして
なにか大事件が起きるのを待ち構えていて
そのどさくさに紛れて発表しようという厚労省の目論みなのだろうか?

そんなはずはないと信じたいけれど
原発事故の対応を見ていると
うがった見方をせざるを得ない。

そしてまた
原発事故のどさくさに紛れて
中止が決定したはずの八ツ場ダム建設が
再開されようとしている……。

この国はいったい、どこに向かおうとしているのだろうか。

(山根)