中国にケツギョという
メバルとスズキを足して二で割ったような淡水魚がいる。

一度は釣ってみたい憧れの魚だが
このケツギョ科の魚が日本の淡水にもいる。

オヤニラミだ。

最大でも10センチ強と
ミニチュアケツギョのような感じだが
姿形はとてもよく似ている。

ケツギョは獰猛でルアーフィッシングの好ターゲットで
オヤニラミも同様に肉食魚である。

元々の分布域は西日本だが
今は多摩川にも生息している。

ぼくは以前
タナゴ釣りをしていて同行者が釣ったのをみたことがあるが
自分では一度も釣ったことがない。

もっとも、ねらって釣る人はほとんどいなく
たいていが、そのほかの淡水魚を釣っていて
外道で掛かるパターンだ。

先日、フィッシングライターの葛島一美さんが編集部にやってきて
オヤニラミのすごい写真を見せてくれた。

なんでも
月刊つり人の好評連載
日本タナゴ釣り紀行の取材で某地へ赴き
モエビエサにオヤニラミ釣りをしたというのだ。

なんと、あのオヤニラミが2ケタ釣れたという。

小誌の仕事で行っていただいているとはいえ
久しぶりに心の奥底から嫉妬した。

一度でいいから、オヤニラミ釣りやってみたい。

(山根)