先日、某紙に4万2000年前の釣りバリが
東ティモールから出土したという記事が出ていました。

なんでも、その当時
すでに人類は外洋に航海していて
マグロやカツオを釣っていたというのです。

これが本当ならスゴイことだと思います。
編集部でもちょっと取材してみようかなと考えております。

ところで、この類のニュースや記事を見るたびに
ぼくは、ある想像をします。

それは、彼らは果たして、単に漁のためだけに釣りをしていたのか
ということ。

もちろん、食べることが前提にあることは間違いないと思いますが
そこに、現代の釣りに求められているような
「遊び心」や「癒し」のようなものはなかったのかなと。

4万年前、すでに人類の中に
趣味としての釣りがあった。
なんて考えると、とても楽しい気分になります。

(山根)