本日も、神田神保町の編集部で
25日発売の月刊つり人4月号の締切と格闘中。

今号は早春号ということもあり
春告魚の異名を持つメバルの特集を組んでいます。

その中の
三浦半島メバルマップは
これからメバル釣りを始める人はもちろん
ある程度のキャリアをお持ちの方にも一見の価値アリです。

三浦半島といえば、20代の頃は毎週のように通っていました。

当時、釣りの技術はともかく
釣り場に関しては地元のベテラン並に精通していたと思います。

もっとも、本命ターゲットはメバルではなくクロダイ。
でも、今にして思うと
クロダイをねらっていて、真昼間にメバルが入れ食いになったなんてことも
少なくありませんでした。
そういう日はたいてい
雨が降り、潮が濁っていましたね。

先日、久しぶりに三浦半島をぐるっと回ってみたところ
当時とようすが大きく変わっていてビックリしました。

日中メバルの鉄板ポイントが工事でなくなっていたり
穴場の地磯の入り口が消えていたり……。

灯台下暗しとは、まさにこのことだなぁと実感した一日でした。

(山根)