昨日は悲しいニュースが飛び込んできました。

都心近郊在住の磯釣りファンに昔から人気の
三浦半島・城ケ島京急ホテル前の磯で
磯遊びをしていた母親と9歳の男の子が溺れてしまったそうです。

母親の遺体はすぐに見つかったそうですが
男の子は見つかっていないようです。

穏やかに見える夏の海でも
台風などのウネリが入ると
想像を上回るヨタ波が打ち寄せることがあります。

原発事故ではないですが
「想定外」のことが普通に起きるのが自然です。

「想定内」というのは人間の都合だけで考え出されただけであり
自然には通用しません。

クルマの運転のように
「大丈夫だろう」
ではなく
「危ないかもしれない」
という意識を常にもって釣りを楽しみましょう。

(山根)