今年も、残すところあとわずか。

お力添えをいただいた関係者の皆様に
心より御礼申し上げます。

この1年、本当にいろいろなことがありました。

激動の時代を生きていることを肌で感じています。

この荒波に飲まれないよう
来年も精いっぱい櫓をこぎ続けていきたいと思います。

みなさま、来年もよろしくお願いします!

(山根)