今朝の読売新聞の一面
「蟲淪1143円安」
が飛び込んできました。

04

自分は蠅呂笋蠅泙擦鵑
史上11番目の下げ幅ということで
影響が心配されます。

株価に一喜一憂される人生というのも
それはそれでいいのかもしれませんが

「藤の花が咲いた」とか
「天然アユのソ上が始まった」とか
「イワシの群れが接岸した」といったような
季節が移ろうサインを自然の中に見つけられた時
ワタシは淡いシアワセに包まれます。

というわけで昨日出会ったシアワセです。

P5233231

長引く寒さのためか
成長がやや遅れ気味だった多摩川のテナガエビですが
一潮変わっただけで、二回りほど大きくなっていました。

P5233232

置きザオでねらっていたおじさんも
エビちゃんの成長を
まるで孫の成長のように喜んでいました。

「一気に大きくなったね〜、先週まではチビだったんだけどさ〜」
「このクラスになるとサオを引ったくっていくからな。ビックリするよ」


というわけで皆さん
多摩川のテナガエビ祭りが始まりましたよ〜!

(山根)