北海道といえば、サケ・マスの王国。

イトウ、アメマス、ニジマス、ブラウントラウトなど
本州では滅多にお目にかかれない大マスが
北海道の川や湖には悠然と泳いでいます。

これからの時期
大マスとの出会いを夢見て北海道に渡る人は少なくありませんが
大マスと同じか、それ以上にスゴいのが根魚のストック量。

ソイ、アイナメ、カレイ、カジカなどが
堤防や小磯から面白いように釣れちゃうんです。

私も以前、奥尻島の沖でタラ釣りをしていたら
50センチ超のアイナメがヒット。
「やった〜!」
と喜んでクーラーに入れようとしたら
「なんでアブラメなんてクーラーに入れるんだ。タラが入らないじゃないか、逃がしなさい」
と船長に怒られたっけ。

たしかに、その時は60センチクラスのマダラが入れ食い状態で
ここはマダラの絨毯じゃないのか?
と思ったほど、マダラがよく釣れました。

ちなみに、陸っぱりからはソイやカジカもよく釣れましたね。

というわけで
北海道へ釣りに行った際には、海まで足を延ばして
根魚釣りをやってみることをオススメします。

hyou1_69


発売になったばかりの根魚北海道

これ一冊あれば、エキサイティングな釣りができるはずです。

(山根)