まだまだアユを釣っていたいところですが
秋ということで、ぞくぞくと魅力的な釣りがシーズンインしています。

ちなみに、今週はカワハギ釣りとワカサギ釣りに行く予定。

ワカサギ釣りといえば
9月1日に、群馬県の赤城大沼が解禁になりました。

赤城大沼は国内有数のワカサギ釣り場でしたが
福島第一原発の放射能の影響を受けてから
釣ったワカサギを持ち帰ることができない措置が取られていて
残念ながら、現在もまだ、その状態が続いています。

震災から3年が経つというのに
原発から遠く離れた山上湖ですら
いまだに震災前の状態に戻ることができません。

こういう現実があるにも関わらず
誰一人責任を取らず
それどころか、再稼働を目論む輩がいるということが
許せません。

先日も
避難生活中に自殺した女性の遺族が
東電に損害賠償を求めた訴訟で、
「自殺と原発事故との間には因果関係がある」と福島地裁は認定し
約4900万円の賠償を命じました。

人類史上最悪の事故を起こした張本人たちのその後は
コチラに載っています。

(山根)