大きな声では言えませんが
先日、うっかり外付けハードディスクに保存してあった
デジカメの写真データを全部削除してしまいました。

その数なんと8000枚以上(全部釣り)。
容量にして50ギガ。

写真を消去したことに気付いたのは
実際に消去した数日後でした。

外付けHDに何度アクセスしても何も表示されないので
「はて、どうしたことか…?」
とじっと考えてみたところ
数日前のワンシーンが蘇ってきました。

24インチのPC画面のデスクトップ上に
ワード、エクセル、パワポ、outlook、クローム、フォルダ
などのウインドウを開いた状態で
いくつもの作業を同時進行していたときのこと。

USBのフラッシュドライブの中身だと思い消去したのが
どうやら、外付けHDだったようで……。

魔が差したというべきか、単なるアホなのか。

とはいえ、ハードディスクの中身を消去したところで
物理フォーマットをしないかぎり、データはディスク上から完全に消去されないはず。

ということを知っていても
いざ、自分の身にふりかかると不安です。

そもそも、データを消去したのではなく、
ハードディスクが壊れたのでは……?
データ復活ソフトはどれも有料だし
購入して復活できなかったらどうしよう。。。

なんて考えていたら
フォトリカバリーというソフトを発見。

まずは無料版で、消去したデータを見つけられるかどうかを試せ
見つけられたら、有料版(3980円)を購入し、復活できるという優れ物。

で、藁にもすがる思いで無料版をインストールし実行すると
あっけなく、データが見つかりました。

すぐに有料版を購入し、復活させたところ
まあ、枚数が枚数だけに時間はかかりましたが
すべて復活。

すごいソフトだ!

というわけで、窮地から救ってもらったので
宣伝させてもらいました。

ステマじゃありませんよ。

(山根)