ざっと日刊つり人

釣り情報満載! 国内で最も歴史のある釣り雑誌「月刊つり人」編集部員によるオフィシャルブログです。
取材時の裏話など、釣りにちょっぴり役立つ記事を、ざっと日刊でお届けします!

2007年11月

巨チヌの宝庫、玉之浦へ

twitterでつぶやく

大型クロダイの宝庫として知られる
五島列島福江島の玉之浦へ。
玉之浦は大きな湾で
クロダイは湾内が主な釣り場になる。
一方、湾の外は西磯と呼ばれ
メジナやマダイ、イシダイが多い。

wannnai.jpg
大型クロダイの宝庫、玉之浦の湾内

今回は天候にも恵まれ
湾内と西磯の両方を満喫することができた。

katosan.jpg
湾内とは対照的な荒々しい男性的な外海でマダイがヒット

isomadai.jpg
玉之浦の大型マダイ

マダイをはじめ、クチブトメジナ、オナガメジナ
クロダイ、ヘダイ、アオブダイ、メイチダイ、アオリイカなどなど
豊穣の玉之浦を満喫。
磯から上がったあとは
島内最古の温泉
荒川温泉で疲れを癒し
源泉掛け流しの豆屋旅館にて釣果に舌鼓。

matukawadukuri.jpg
マダイの活き造り。いやはや旨いのなんのって

sioyaki.jpg
マダイとメジナの塩焼き。はたして、どちらが旨いのか…?

玉之浦釣行の詳細は
月刊つり人2月号(12月25日発売)でお伝えします。
(山根)









オススメ初日の出スポット

twitterでつぶやく

PB210012.jpg
城ケ崎のつり橋から上る朝陽

伊豆半島の城ケ崎一帯の磯場は
僕の大好きな場所のひとつ。
荒々しい磯のすぐ背後まで森が迫り
磯伝いに作られた遊歩道を早朝に歩くと
鳥のさえずりがたいそう賑やか。
目の前をリスが横切り、トントントンとキツツキが朝仕事に精を出す。
そして、なんといっても朝陽のきれいなこと。
こんな場所に住んだら、天気のいい日は毎日、朝陽を拝みに来てしまいそう。
初日の出スポットをお探しの方、ぜひともおすすめですよ。
ちなみに、城ケ崎一帯の磯では、
40cmオーバーのメジナが毎年、12〜2月には数多くあがります \^o^/
(山根)

人生初クロダイ!

twitterでつぶやく

ついに、この日がやってきました。
月刊のほうのつり人で、
『編集部が太鼓判』コーナー取材時のことでした。
最近は締め切りに追われ、
ギリギリの日程で行くことが多いこのコーナー。
今回も取材当日に入稿しなければ、という厳しい状況。

同行していただいたのは、磯釣りの名手である山本司さん。
いちおうメジナの取材でしたが、
山本さんが選んだ釣り場は浮島。
クロダイでも有名なところです。

潮はあまり効いておらず、一応メジナは出ましたが
あまり条件はよくありませんでした。
山本さん.jpg
もちろん、山本さんは
なんなく本命をキャッチ!


「クロダイ、出るかな」
山本さんは、期待薄のメジナよりも
クロダイを釣りたいようす。僕も、もちろんクロダイを釣りたい。
いろいろアドバイスをいただいているうちに、
山本さんが最初にクロダイをゲット!
「いいなあ……」
うらやましがっていると、僕のウキがスーッと沈みました。
合わせると、ガツッという強烈な手応え。
引きもメジナとは、ちょっと違う感じの引き。
浮かび上がってきた魚影は、ギラリと銀色に輝く。
「これは……!?」
そう、憧れのクロダイ。
クダイ.jpg
精悍な顔付きのクロダイに感激!

サイズは30cmに届かなかったものの、
徹夜で来た甲斐がありました!
人生初クロダイ.jpg
浮島、また来たい!

帰ってからは忙しすぎて、
あまり余韻に浸るヒマはありませんでしたが、
今になって写真を見返してニヤニヤしております……。
また行きたいなあ。
(真野)



ロックフィッシュ地獄?V発売!

twitterでつぶやく

071108.jpg
シーカヤックからラバージグでキャッチしたオオモンハタが表紙です

いよいよ11月10日に別冊『ロックフィッシュ地獄?V』が発売になります。
今回もまた北は北海道から南は九州まで
日本各地の激アツのロックフィッシュシーンをお届けします。
なかでも、今回は北陸を中心にした日本海側の記事が充実しているほか
メバルのフロートリグや人気急上昇の鯛ラバも特集しています。

気になるコンテンツは……

●北海道のアイナメ、巨大クロソイ
●三陸海岸のアイナメ、ベッコウゾイ
●常磐のアイナメ、尺メバル
●外房のダウンショットでねらうヒラメ
●東京湾の沖堤で日中にメバルが乱舞
●大阪湾の汽水域で楽しむキビレゲーム
●鳴門海峡の激流で磨かれた大型メバル
●丹後半島の春を彩るデカメバル
●富山湾の第一人者が釣る大型キジハタ
●能登半島のタケノコメバル
●山形県、新潟県でクロソイ&ヒラメ
●Mr.ロックフィッシュことレオンの根魚春夏秋冬
●噂のアイスジグ! F8という驚愕メソッド
●南国のサンゴ礁でガブネバリ
●鯛ラバ&インチクの使い手が手の内を公開!
●メバルに近づくフロートリグ使いこなし術

などなど盛りだくさん!
定価1470円で、当HPからもご購入いただけます。
(天野)


ドカ〜ンッ!!! とイシダイ5?sオーバー

twitterでつぶやく

PB041747.jpg
ファイヤ〜ッ!!!!!!

「和竿石鯛つり大会」の20周年記念大会取材で南伊豆伊浜へ。
昨日の千代田湖カープフィッシングから帰ったその足で
2日間ほぼ寝てない。
南伊豆へ行く途中、猛烈な睡魔に何度となく襲われるが
藤川一範さんや高尾敏さんといった熱血石鯛マンが
唯一のメディア取材である僕を待っていてくれているので
カーステで藤あや子をガンガンに鳴らしてどうにか到着。

binsan.jpg
見事な秋晴れの下、石鯛和竿が空を切る

この日、参加したのは84名の個性豊かなイシダイマン。
どの磯に降りるか迷ったものの
宝洋丸の船長と相談して
宇留井島の「ハサミ」に降りることに。
ここは石ものの実績が高く
また「渡り」という高実績ポイントにも近い。

この作戦が見事奏功し、
なんと優勝魚となった5・12?sの本イシが釣り上げられる
一部始終の撮影に成功!
この模様は11月25日発売の月刊つり人1月号で
詳しくお伝えしますので、全国のイシダイファンは必見ですぞ!
(山根)
syuugouwazao.jpg
20周年記念大会に出場した84名のイシダイマン



天高しコイ肥ゆる秋

twitterでつぶやく

山梨県甲府にある千代田湖へ
カープフィッシングの取材に行ってきました。
tiyodako.jpg
ヨーロッパの湖にも見えなくもない甲府の千代田湖

快晴、ベタナギ。条件は決してよくありません。
しかし、身延町在住の内藤祐介さんが、
真昼間に驚愕の93cm、12?sをキャッチ!
 エサはボイリーのパイナップル。
内藤さんは3年ほど前から本格的にボイリー釣法に取り組み、
高確率で大ゴイをゲットできるようになったそうです。
yaritori11.jpg
この細身のタックルがカープフィッシングの基本スタイル

間近で見る大迫力に、
カメラマンの津留崎健さんも
一気に300枚もシャッターを切ってしまったほど。
この日の模様は
来春発売予定のつり人別冊「Carp Fishing」で、詳しくお届けします!(山根)
PB038536.jpg
イケメンアングラーの内藤さんはまだ23歳!


最新号
記事検索
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ