ざっと日刊つり人

釣り情報満載! 国内で最も歴史のある釣り雑誌「月刊つり人」編集部員によるオフィシャルブログです。
取材時の裏話など、釣りにちょっぴり役立つ記事を、ざっと日刊でお届けします!

2010年05月

足で釣れ!

twitterでつぶやく


釣友から連絡があった。

このところ多摩川下流部で70〜90センチのコイを
1日平均5〜10尾くらい釣っていたという。

で、来週に
まだカープフィッシングの経験がない仲間を2人案内するので
その下見のために昨日も多摩川に行ったという。

普段は駐車場から30分近く歩く場所でサオをだしているとのことだが
ビギナーをそんなに歩かせては可哀想だからと
昨日は駐車場から近くの場所でサオをだしたという。

結果、70センチクラスが1尾のみ。

「やっぱり駐車場に近い場所は場荒れしているね」

とのことである。

これはなにもコイ釣りにかぎった話ではない。
アユ釣りでも、磯釣りでも、渓流釣りなんて最たるもんだろう。

誰もがサオをだしやすい釣り場は
魚はスレてしまっている。

ところが、多くの人はそんなことお構いなしに
ラクして釣りたがる。

でも、考えてみてほしい。
どうせ一日を釣りに費やすなら
釣れないよりは釣れたほうがいいだろう。
だったら、ちょっと面倒でも
歩いたほうがいい。

「足で釣れ」
というわけだ。

(山根)

美女と管理釣り場へ。

twitterでつぶやく


昨日は美女と管理釣り場に行ってきました。

山梨県都留市にあるフィッシュオン鹿留です。

コンセプトは「手ぶらで釣りを楽しむ」。

そうそう、今の管理釣り場は
レンタルタックルやバーベキューなどのサービスも充実していて
たとえばフィッシュオン鹿留さんなら
本当に何も持参せずとも
釣り&バーベキューを楽しめちゃうのだ。


18
csテレ朝チャンネルのヒロシ釣り紀行でも活躍中の中津真莉子ちゃん

36
こちらは、現在発売中の月刊つり人6月号にも登場している本多絵里子ちゃん

フィッシュオン鹿留には
自然の渓流を利用した渓流エリアと
2つの止水湖からなる。

昨日は天気もよかったし
新緑の渓流が心地よかったので終日渓流エリアで。

美女たちの奮闘ぶりは
5月下旬に更新予定の
Honda 釣り倶楽部でご紹介します!!

(山根)


コイ釣り大明解MAP

twitterでつぶやく


全国のコイ釣りファンの皆様
大ゴイ釣ってますか〜!

ようやく天候が安定し
これから入梅にかけて
とても期待できそうです。

さて、そんなコイ釣りの最盛期に照準を合わせたかのように
コイ釣り大明解MAPが発売になりました。

6978

6978_03

巨ゴイの聖地、霞ヶ浦と北浦の釣り場を網羅した
完全保存版のコイ釣り場マップです。
また、霞ヶ浦、北浦以外にも
多摩川、荒川、江戸川、相模川の各有望釣り場を収録。

ボイリーファンはもちろん
スタイルを選ばないすべてのコイ釣りファンに捧げるポイントマップです。

特盛スパゲティ

twitterでつぶやく


編集部のある神田神保町は
本の街であり、学生の街であるため
食事処が多い。

でも、長年いると
ランチで入るお店は決まってくる。

ぼくは毎日でもラーメン二郎に行きたいのだが
近頃は1時間待ちは当たり前なので
近いのに遠い店になってしまっている。
なにしろ、今年に入ってから1度しか行ってない!

その代わりというわけではないけれど
喫茶店の老舗「さぼうる2」に最近、行く機会が増えた。
昔から「量」の多さに定評があったのだが
最近は一段と多くなったようだ。

15

写真はバジリコスパゲティ大盛り。
800円也。
これにパルメザンチーズとタバスコを
これでもかとふりかけて食べるのがオレ流。

特盛スパゲティ店といえば
銀座一丁目の「ジャポネ」が有名だ。
レギュラー、ジャンボ、横綱と3段階あり
「さぼうる2」の大盛は「ジャポネ」のジャンボと横綱の間くらいだろうか。

1時間シアワセになりたかったら
ぜひ「さぼうる2」の大盛りパスタか
「ジャポネ」の横綱パスタをご賞味あれ。

(山根)

3度目の禁煙

twitterでつぶやく


私事で恐縮ですが禁煙しました。

3度目の禁煙です。

1度目は半年間続きました。

2度目は2年間続きました。

3度目は今日で1週間経過しました。
今のところ順調です。

禁煙で何が辛いかといえば
習慣を変えるという点です。

たとえば
食後の一服
トイレの後の一服
寝起きの一服
てな感じ。

で、釣り人は
釣り場に着き
仕掛けのセットやらエサの準備やら一通り終わり
「さあ、第一投」の前に
はやる気持ちを抑えるために一服。

この
第一投前に紫煙をくゆらせる時間が
ぼくはとっても好きなんです。

「酒飲んでいるときが一番吸いたくなる」
という人は多いですが
ぼくの場合は
「釣りをしているときが一番吸いたくなる」
というわけです。

まあ、でも今回は愛煙生活にカムバックすることはないでしょう。
10月から値上げしたら、タバコ代だけで月に18000〜20000円!
小遣いなくなっちゃいます。
釣りに行けなくなっちゃいます。

釣りをとるか
タバコをとるか。

それはやっぱり釣りでしょう。

(山根)




女性誌の老舗

twitterでつぶやく


先日、家庭画報さんからインタビューを受けました。

家庭画報は1958年に創刊された老舗の女性誌です。

女性誌といえば
今の出版業界で最も競争が激しく、マーケットも大きい分野ですが
そんな中にあって半世紀以上も続いているのはスゴイ。

家庭画報が創刊された1958年の干支はいぬですが
その前のいぬ年、つまり1946年に創刊されたのが月刊つり人です。

今でこそ
釣りをする人のことを
「釣り人」
と言いますが
月刊つり人誕生以前は「釣り人」ではなく
「あそこで、釣りをしている人」
とか
「釣り師」
とか
「釣り好き」
なんてふうに言われていたようです。

近年は釣りもジャンルが細分化し
月刊つり人のように淡水の小ものから
荒磯の大もの釣りまでを扱う総合釣り雑誌はなくなってしまいましたが
今後も、ひとりでも多くの人に
釣りの素晴らしさを伝えていきたいと思います。

今後ともご愛読のほど、よろしくお願いします。
(山根)


2010年アユ、もう解禁!?

twitterでつぶやく


5月1日に和歌山県日高川で
アユ釣りが特別解禁になりました。

なんだか
つい最近まで
ダウンジャケットを着て
「寒い、寒い」
と震えていたのがウソのよう。

私の知人も特別解禁に行きましたが
やはり直前までの寒さが影響してか
釣果はいまひとつだったようです。
ただ、魚は多く見えたようです。

埼玉県の荒川も
今年は例年より多くの天然アユが
秋ケ瀬の堰堤を超えているようです。
1日に17万尾ものアユが堰堤を乗り越えた日もあったとか。

というわけで、アユ解禁までが待ち遠しい!

(山根)
最新号
記事検索
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ