ざっと日刊つり人

釣り情報満載! 国内で最も歴史のある釣り雑誌「月刊つり人」編集部員によるオフィシャルブログです。
取材時の裏話など、釣りにちょっぴり役立つ記事を、ざっと日刊でお届けします!

2010年09月

秋の雨でアユが下る

twitterでつぶやく


ちょっと、ちょっと、ちょっと。
この雨、ヤバくないですか!?

この時期にこんなに降ったら
アユはいっせいに下ってしまうのでは……!?

秋にまとまった雨が降った翌年は
天然アユが豊漁になるといわれるけれど
今から来年のことを考えてもなあ。

いったい、ぼくは今夏
何尾のアユを手にしたのだろう。
文字どおり数える程度しか釣っていない!!

締切が終わったら最後のアユ行脚に出ようと思っていたのに
カレンダーにはどんどん予定が入っていく。
ひょっとして、もうアユに会えないのか?

と、ちょっと感傷的になってしまった
秋雨の一日。

(山根)

コールマンの新製品発表会

twitterでつぶやく


昨日は秋葉原で開催されている
コールマンの新製品発表会に行ってきました。

今でこそコールマンの製品は親しみやすくなりましたが
ぼくがキャンプによく行くようになった20年ほど前は
コールマンのキャンプ道具は憧れでした。
せいぜい、ツーバーナーやワンバーナーくらいで
テントなどは高価で手が出ませんでした。

それが今や
入門者でもラクに手が届く価格帯でありながら
高級感は当時のまま。
ハイグレードモデルのマスターシリーズも
充分に射程圏内。
時代は変わるもんですね。


昨日の発表会でも
「山ガール」を意識した商品が数多くラインナップしていました。

58


で、驚いたのは
Hondaの新型フリードスパイクのコールマンモデル。
こちらは非売品だそうですが
かなりいい感じ!

06

ちなみにコールマンバージョンではないですが、
新型フリードスパイクで釣りに行った記事が
Honda釣り倶楽部に掲載されています。

(山根)


多摩川ハゼ絶好調!

twitterでつぶやく


昨日は18時30分が満潮だったので
多摩川下流部に到着したのは15時くらい。
多摩川下流部では
満潮の前後2時間くらいがハゼの食いが立つ。

台風10号による豪雨で
ハゼが下ってしまってないか心配だったが
なんのことはない
1投目からブルブルアタリが連発した。

釣り始めは川の水位がまだ低く
ノベザオで探れる範囲の浅場にきているハゼは
体長5センチ前後の小型が大半。

けれど16時を過ぎたあたりから
12〜13センチがコンスタントに当たりはじめ
15センチ超もけっこう混じった。
20センチ近いウロハゼもゲット。

ぼくが入釣したのは多摩川の最下流部で
普段は滅多に人がいないのだが
昨日は家族連れが3組ほどサオをだしていた。

その中の1組に小学校3〜4年生くらいの男の子がいたので
話しかけてみた。
というのも、その男の子が使っているエサが
ハンペンのような白く四角いのだ。
最近流行りのワームかなにかをちぎって使っているのかしらん。

すると
「カニのウデの身ですよ」
真っ黒に日焼けした少年は
ニコッと笑って白い歯を見せた。

「えっ!?」

なるほど、バケツの中を見ると
現地調達したであろうカニがガサガサ入っている。
コイツをエサにするのか…。

イソメを掘って釣る人はたまに見かけるけど
カニの身を付けて釣るのは初めて見た。

そこそこ釣れるだろうとは思うけど
なんかカニが気の毒になった。
実際、エサが大きすぎるようで
アタリはよくあるようだが
なかなかハリ掛かりさせられないでいた。

でも、あれくらいの年頃の男の子って
カニやらカエルやらバッタやらセミやらを
捕まえては殺したがるんだよな。
そうやって殺生を重ねるうちに
命の尊さが分かってくるんだろう。

少年は根掛かりすると
ズブズブと川に入ってハリを外していた。
全身ズブ濡れになりながら
ハゼを黙々と釣る少年が
ちょっぴりまぶしかった。

(山根)



ワールド・カープ・クラシックinフランス最終日

twitterでつぶやく


大会最終日。

といっても、土曜日の朝7時には納竿なので
実質、フライデーナイトが勝負になる。

しかし、風にも見放され
日本チームは残念ながらノーフィッシュに終わった。

結果の詳細はまだ届いていないが
どうやらイングランドチームが優勝したようだ。
強い。
カープフィッシング先進国だけあり
この強さは本物だ。

福安さん、内藤さんお疲れ様でした!

この経験を生かして、日本国内で研鑽を積んでいただき
来年はぜひリベンジしてください。

日本チームから応援してくれたコイ釣りファンの皆様へ一言。

「応援して下さった日本の皆さん、本当にありがとうございました。 これに懲りずまた挑戦します!」



ワールド・カープ・クラシックinフランス5日目

twitterでつぶやく


フランス北東部のマディーヌ湖で開催中の
2010ワールド・カープ・クラシック(WCC)。

世界約30カ国から130チーム(1チーム2人)が参加する
世界で最も権威のあるコイ釣りの国際大会である。

日本代表の福安佳秀&内藤佑介チームには4日目まで本命のアタリなし。
3日目まではまるでアタリがなかったが
4日目に入り、ブリームなどの外道が当たり始めた。
そのため、夜は俄然期待が高まったが
コイが姿をみせることはなかった。

今は5日目。残り時間はあと24時間。
マディーヌ湖には30キロを超すモンスターがいるので
まだチャンスはある。

頑張れ、日本チーム!



ちなみに、昨年のWCCの模様は
DVD鯉魂3に収録されています。

ダイジェスト版をどうぞ!

ワールド・カープ・クラシックinフランス4日目

twitterでつぶやく


フランスからのメール。

ドキドキしながら開いた。

残念ッ!

南東風が吹いてニゴリが入り
申し分ないコンディションで期待の夜を迎えたが
福安・内藤チームのバイトアラームが鳴ることはなかった……。

日本チームはマディーヌ湖のメインアイランドの東側に入っているのだが
同様のエリアに入ったオーストリア、イタリアといったチームも
3日目の夜は不発だった模様。

今は4日目の午前中。
風向きも変わり
釣り場は凪いでしまったそう。
しかし、福安さんは
「沖にねらいを絞ります。まだ2日間あるから大丈夫です」
とこっちがビックリするほど冷静だった。

情報が入りしだいブログを更新します。

日本チーム、頑張れ!


福安さん出演の最新DVD鯉魂4Big Carp Strategeis
のダイジェスト版をどうぞ!

台風直前にコイ荒食い!!

twitterでつぶやく


昨日の台風はすごかった……。

あの酒匂川が、あそこまで増水した映像は
なかなか見ることができない。
千葉駅も地上から滝のように水が駅構内に流れて
大変だったようだ。

さすがに、あの雨の中に釣りをする人はいないと思うが……。

なんと昨日、編集部Oは豪雨に見舞われた千葉県で
コイ釣りの取材をしていた。

結果、午前中だけで10尾!!

午後から台風がくることは分かっていたので
明け方から取材を行ない
雨が降ってきたタイミングで納竿したという。

アッパレじゃ!

(山根)

ワールド・カープ・クラシック3日目

twitterでつぶやく


世界約30カ国のコイ釣りファンが一堂に会す
コイ釣りの国際大会WCC(ワールド・カープ・クラシック)。
2010年も昨年同様、フランス北東部のマディーヌ湖にて
開催されている。

今は大会3日目。
大会は6日間なので、ちょうど折り返し地点である。
残念ながら日本代表の福安佳秀、内藤佑介チームは
今のところ釣果ナシ。

しかし、福安さんの話だと
南東風が吹きはじめ、いい感じでニゴリが入り始めたという。
30キロ超の大ゴイが上がるのも時間の問題か……?

昨年、WCCに日本勢として初めて参戦した
宍戸則夫&染谷修平チームは4尾をキャッチして16位入賞。

今年も世界中から130チーム(1チーム2人)が参加しているものの
3日目に入って釣果を上げているのは15チームだけだという。

おそらく、今夜か明日の夜あたりが勝負だ。

福安さん、内藤さん、頑張って!!



ちなみに、昨年のWCCの模様は
DVD鯉魂3に収録されています。

ダイジェスト版をどうぞ!

ワールド・カープ・クラシック2日目午後

twitterでつぶやく


2010090712280000

フランス北東部に位置するマディーヌ湖で開催中の
WCC(ワールド・カープ・クラシック)に日本代表として参戦中の
福安佳秀さんから2日目の夕刻(現地時間)に連絡が入った。

なんと湖底のようすを調べるために用意していた魚探の電池がおかしくて
まったく魚探が動かず、オーストリアとギリシアチームから
それぞれ電池を貸してもらい事なきを得たそう。

今のところ、南アフリカチームが21キロのビッグフィッシュを釣った
という情報が入っており
ウワサでは、どこかの国が31キロのモンスターを釣ったとか。

どうやら、夜間にアタリが多いようで
日本チームも夜間の攻略法を検討しているという。

今はちょうど、現地時間では丑三つ時。
日本チームのサオに
超ド級の巨ゴイがヒットしていることを祈ろう。


福安さん出演の最新DVD鯉魂4Big Carp Strategeis
のダイジェスト版をどうぞ!

ワールド・カープ・クラシックinフランス2日目

twitterでつぶやく


フランス北東部のマディーヌ湖で開催中の
WCC(ワールド・カープ・クラシック)。
世界約30カ国からコイ釣りのトップアングラーが参戦する
最も権威のあるコイ釣りの国際大会である。

福安佳秀さんと内藤佑介さんの日本チームは
マディーヌ湖に浮かぶメインアイランドにペグ(釣り座)が決まった。
で、昨日の午後2時(日本時間の午前6時)に大会が始まり
今は2日目の早朝である。

福安さんから入った情報によると
今のところアタリはないものの
近くの海外チームが20キロオーバーをキャッチした
そうだ。

デカッ!

昨日は風が当たっていて雰囲気は最高によかったそうだが
今朝は静かになっているそう。
しかし、福安さんはやってくれるに違いない。

情報が入り次第、当ブログでお知らせいたします。

ちなみに、昨年のWCCの模様は
DVD鯉魂3に収録されています。

ダイジェスト版をどうぞ!

最新号
記事検索
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ