ざっと日刊つり人

釣り情報満載! 国内で最も歴史のある釣り雑誌「月刊つり人」編集部員によるオフィシャルブログです。
取材時の裏話など、釣りにちょっぴり役立つ記事を、ざっと日刊でお届けします!

2013年03月

刺さるハリはどれだ!?

twitterでつぶやく


今月25日発売の月刊つり人5月号の特集は

ハリ

というわけで
釣りバリをさまざまな角度から検証します。

で、最近発売になった
特別に刺さりのいいという評判のハリについて
ただ今、編集部で実験しています。

かなり興味深い結果が出ています。

詳細は5月号をご覧ください!

(山根)

最新コンデジが編集部に!

twitterでつぶやく


じゃじゃ〜ん!

__

防水コンデジの最高峰
オリンパスのTG-2
遊び心と使い勝手を追及したプレミアムコンデジXZ-10
編集部に届きました〜!

ワタシの今の愛機はTG-1で
過去に何度か、このブログでも紹介しています。

釣り用最強防水コンデジ登場

無線LANな毎日

TG-2は前作よりもマクロ撮影や動画撮影がパワーアップ。
最速240コマ/秒の超高速動画を撮影できます。

一方のXZ-10はといえば
防水ではないものの
痒いところに手が届く機能が満載。

ところで、一昨年あたりから
コンデジ市場は縮小化傾向にあります。

最大の要因はスマホの台頭です。

ちょっとしたスナップ写真はスマホで事足りてしまいます。

が、しかし。

スマホはあくまでも電話であり
カメラの性能は高いといえません。

コンデジ並のクオリティの写真をスマホで撮ってSNSなどにアップしたい
というニーズが日に日に高まっていて
それに応えるための機能が備わったのがこの
XZ-10。

無線LAN搭載のFlashAirをカメラに装着し、
スマホ専用のアプリ「OI.Share」で、
撮った画像をスマホに転送できちゃうんです。

さらに、Photoshopなどの画像ソフトでしかできなかった画像の加工が
撮影しながらできるという優れた機能も。

こちらの機能は後日紹介します。

この春は、この2機を釣り場で使い倒してやろうと思っています!

(山根)






巨大防潮堤で津波は防げるのか

twitterでつぶやく


震災から2年。

宮城県には総延長160キロにも及ぶ
長大な防潮堤の建設計画があるそうです。

東日本大震災では
岩手県田老地区の「万里の長城」ともいわれた
高さ10メートル、長さ2・4キロの防潮堤が
無残にも破壊され役に立ちませんでした。

人間が自然をコントロールすることは土台無理なのだ

と誰もが認識をひとつにしたはずなのに
どうして宮城県は防潮堤建設に舵を切ってしまったのでしょうか。

5年で25兆円という莫大な復興予算を確保したかったからなどといわれていますが
お金を確保したからといって
その使い方を誤ってはかえって復興は遅れてしまうでしょう。

これがアベノミクスの掲げる
国土強靭化計画というものなのでしょうか。

巨大地震や巨大津波に対して
コンクリートは何の役にも立ちません。

(山根)


黄砂襲来

twitterでつぶやく


ポカポカ陽気の最高の釣り日和に
コイ釣りニュースタイルマガジンCarpfishing vol.11の校正。

こんな暖かい日は
仕事なんてしないで釣りに行きたい、今すぐコイ釣りに行きたい!

と朝から悶々としておりましたが
ふと気が付くと外の風景が暗くなったので
窓越しに空を見てビックリ。

真っ黄色でやんす。

ここまでスゴい黄砂見たのって初めてかも。

今日はデスクワークで正解だったかも
なんて思ってしまった憂鬱な昼下がり…

ちなみに、カープフィッシング2013春号は3月22日発売予定です!

(山根)

月刊つり人4月号発売1週間で在庫切れ…

twitterでつぶやく


つい先日
このブログで発売になりました!
というお知らせを書いたばかりの
月刊つり人4月号が売り切れになってしまいました…。

申し訳ありません。

001-004_cover_04_sekiryo2_ページ_1

釣具店さんから追加注文が山のようにきたとかで
発売1週間で在庫切れになったそう。

嬉しい悲鳴とは、まさにこのこと。

アマゾンにはまだ少しあるようですので
お探しの方は、コチラをどうぞ。

書店の店頭にもまだあるかもしれませんので
お求めの方はぜひ、捜してみてください。

(山根)

釣行前夜は寝つきが悪い…

twitterでつぶやく


明日は久しぶりの船釣りです。

いや、船釣りの取材です。

まあ、どっちでもいいけどワクワクします。

今日は早く寝ようと思っても
寝られないんですよね、これが。

釣行前夜にコーフンして熟睡できないようじゃ
まだまだ修行が足りませんね。

もっとも明日は釣行じゃなく取材ですが。

まあ、どっちでもいいけど……。

(山根)

次号の特集は「ハリ」

twitterでつぶやく


3月25日発売の月刊つり人5月号の特集はズバリ

ハリ

です。

で、本日。
特集の取材に行った副編Mから
取材が大成功だった旨の報告が入りました。

釣りバリ大特集号。

乞うご期待!

(山根)

バス・ラプソディとノルウェイの森

twitterでつぶやく


バスフィッシング関係者というか
釣り業界人のフェイスブックやツイッターを賑わせている
バス・ラプソディー

70〜80年代にかけて多くのファンを魅了したルアーと
それを取り巻く方々の心温まるお話です。

この本にすっかり感化されてしまったワタシは
ふと映画「ノルウェイの森」がHDDに録画してあったのを思い出し
観てしまいました。

小説「ノルウェイの森」が刊行された87年といえば
まさにワタシの思春期ど真ん中。

一気に読み終えてから
数日間、いや、数十日間か忘れたけど
しば〜らくの間、余韻に浸るというか
余韻に脳を占拠されて
現実と非現実の間を行ったり来たり。

初めての感覚に戸惑い続けたのを
今でも鮮明に覚えています。

でもって、何年か前に映画化されることが決まり
興味津々でしたが
裏切られたらどうしようという思いから
映画を観に行きませんでした。

で、去年だったか一昨年だったか
WOWWOWで放映されたので録画したものの
やはり、なんとなく観るのがためらわれ
やがて録画してあることすら忘れられて
なぜか、バス・ラプソディーの余韻に浸っていたら
映画の存在を思い出したしだい。

ワタシは映画の専門家ではないので
作品自体の完成度はよく分かりませんが
ケータイが普及する前の恋愛っていいなぁと
しみじみ思いました。

元来、電話が苦手なワタシはよく彼女に手紙を書いたし
ドライブの際には、彼女が喜びそうな曲をカセットテープに編集したり
今思えば、意外とマメでしたね。

釣りに行く前に仕掛けを作るのと一緒で
デートの前夜にテープを編集する作業が、ドキドキするんですよね。

今はカーナビのHDDにいくらでも曲が入れられるし
itunesもyoutubeもある。

実家に電話をかけて向こうの親が出たらどうしようという不安もないし
何か伝えたいことがあればメールでポン。
絵文字だって、スタンプだってある。

いわば恋愛もデジタル化されているわけですが
人間的な温かみが少し欠けているような気がするのはワタシだけでしょうか。

なんて酔っぱらいのオヤジみたいなこと言ってますが
人間社会がどんどんデジタル化されていき
だれもがそれを当たり前のように思っていたとしても
自然界はアナログなままです。

デジタルでは魚は口説けません。

現代の釣り人が釣りに求めるものって
アナログ時代とは少し違ってきているのかも
なんて思ってしまいました。

(山根)






2013渓流釣り開幕!

twitterでつぶやく


2013年の渓流釣りが、いよいよ幕開けします。

今日は多くの河川で解禁になりますが
予報では春一番が吹くとか。

今のところ、ほぼ無風です。

嵐の前の静けさなのでしょうか……。

今期も、全国の渓流釣りファンにとって
いいシーズンになりますように!

(山根)
最新号
記事検索
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ