ざっと日刊つり人

釣り情報満載! 国内で最も歴史のある釣り雑誌「月刊つり人」編集部員によるオフィシャルブログです。
取材時の裏話など、釣りにちょっぴり役立つ記事を、ざっと日刊でお届けします!

2013年09月

東京湾で青潮発生!

twitterでつぶやく


東京湾で青潮が発生しちゃいました。

千葉県船橋市から千葉市にかけて
10キロ以上にわたり帯状に広がっている模様。

青潮とは
硫化物を含む海底近くの水が
海面に浮いた状態のこと。

東京湾をはじめ
大きな湾の湾奥部には
海底に貧酸素水塊が多かれ少なかれ所々にあり
これが押し上げられたのが青潮といえます。

東京湾の湾奥では
夏から秋にかけて北東風が吹き続けると
上層の水が湾口部に押し出され
それにしたがって、海底の水が海面に浮上するという仕組み。

湖でいうターンオーバーとほぼ同じ現象だと思います。

青潮が発生すると魚介類は酸欠状態になり
ハゼや貝などの底生生物が大量死することがあります。

今回の青潮は早く終息するとのことなので
大きな被害にならないことを祈っています。

昔から江戸前ハゼは彼岸からという言葉があるように
東京湾のハゼ釣りの最盛期はこれから。

がんばれハゼ!

(山根)

荒食いの秋、カープタックルセットを当てよう!

twitterでつぶやく


秋の日はつるべ落としなんて言われますけど
気が付けば外は真っ暗PM6:30。

今日はランチも食べに行けず
編集部にこもって9月25日発売予定の
コイ釣りニュースタイルマガジンCarpFishingvol.12 2013FALLの編集作業。

今号はコイ釣りファンの夢でもある
メーターオーバーがこれでもかと誌面に登場します。

全国のコイ釣りファンの皆様、ぜひご一読を!

秋は「荒食いの季節」といわれ
春の「乗っ込み」とならび
コイ釣りの2大シーズンです。

現在公開中のHonda釣り倶楽部では
カープフィッシングのタックルセットが当たる
プレゼントキャンペーンが開催中です。

05051411_5185ea0e2cca0


セットの総額は11万円以上。

応募締切の9月20日が近付いてまいりました。

この機会をお見逃しなく!

(山根)

サンマ不漁とグルクン

twitterでつぶやく


今日のランチでサンマ定食を食べました。

今期3尾目のサンマですが
不漁が影響しているようで、まだまだ高いですね〜。

高水温がサンマ不漁に影響しているという話を聞きますが
その影響か、この夏は、各地の海で珍しい魚が揚がっています。

なんと、伊豆半島の伊東の定置網に
沖縄でおなじみのグルクンの群れが入ったとか。

グルクンのように食べて美味しい魚ならまだしも
ヒョウモンダコやソウシハギのように毒を持つ魚介類も
分布をじわじわと北に広げているようです。

見慣れない魚が釣れたら気を付けましょう。

(山根)

東京五輪までに都内の自然を復元させよう!

twitterでつぶやく


東京五輪が決定。

遅々として進まぬ被災地の復興や
なす術なしの汚染水問題など
手放しで喜べない部分もありますが
決まった以上は
東京でやってよかったと世界中の人に思ってもらいたいですね。

これから2020年に向けて
東京では急ピッチで開発が進むことになると思います。

そこで提案。
ハコモノやコンクリートに頼る
前時代的な開発は、いい加減止めましょう。

現在、東京23区内には
多摩川や江戸川、荒川など
天然魚を釣れるフィールドが、まだいくつか残されています。

世界有数の大都市の中で
天然の魚を釣れる場所があるなんて
こんなに素晴らしいことはないと思います。

これから2020年に向けて
たとえば神田川のような三面護岸されて水路になってしまった川の護岸を壊し
緑豊かな自然の岸部を復元させ、
海外からの観光客でも釣りが楽しめるようにする
というのはどうでしょう。

水辺をコンクリートで固めて常夜灯を乱立し
夜になるとライトアップされてきれいなんていうのは
今や先進国では、当たり前の光景です。

夜になると常夜灯ではなく
ホタルの求愛の灯が見られるほうが
東京を訪れる人のインパクトも大きいはず。

釣りは平和の象徴。

大都市東京での釣りを
オリンピック同様、世界中の人に楽しんでもらえればなあと
願っています。

(山根)

豪雨の広島から土佐へ。

twitterでつぶやく

台風17号が直撃した西日本から帰ってきました。

最初に向かったのは広島。

豪雨の中、農家をたずねて
合鴨農法について、いろいろと教えてもらいました。

P9046113

アメリカが推進する
遺伝子組み換え種子を用いた大規模農法の対極にある方法ですが
地球や人類にやさしく、かつ持続可能なのは、もちろん日本の有機農法。

今回取材したのは、この有機農法に黙々と取り組む30代の女性だったのですが
澄んだ瞳がとても印象的でした。

取材も無事に終わり
いざ、高知へレンタカーを走らせたのはよかったのですが
山陽道がなんと通行止め。

一般道も大渋滞。
広島から高知市内まで3時間程度で行けるはずでしたが
3時間経っても県内から出られず。

なんとか瀬戸大橋までたどり着き
香川県に入ったものの
高知自動車道や松山自動車道、徳島自動車道が
すべて通行止め。

ガ〜ン。

さぬきで高速を降り
下道で高知を目指すも
峠の途中でまたしても通行止め。

結局、高速まで戻り
サービスエリアで通行止め解除を待つはめに。

まあ、結果的にはそれがよかたのですが
広島から高知まで8時間のロングドライブでした…。

四国の河川はどこも濁流になっていたのですが
昨日行った安田川だけは、なんとアユ釣りができる状態。

P9056354

しかし、出発前の台風直撃の天気予報で
アユ釣り道具を家に置いてきていたので
こんな垂涎の川を目の前にして、指をくわえて見ているだけでした。

帰る前に
奈半利川沿いの中岡慎太郎の生家に寄りました。

22

ここを訪れるのは3度目ですが
そのたびに、土佐の辺境の地から
この国の歩むべき姿を明確にイメージし
行動を起こしたいごっそうの功績に
敬服するばかり。

中岡慎太郎は享年30歳。

気が付けば、ワタシは彼の生涯より10年以上馬齢を重ねてしまったわけで
自分という男の小ささが、情けなくなりました。

ちなみに、龍馬は31歳、高杉晋作は29歳、
久坂玄瑞にいたっては25歳で散っています。

維新の志士たちを見習って
自分も、もっともっとしっかりせにゃあかんぜよ
と心を新たにしてまいりました。

(山根)

「匠の素顔」が搬入されました!

twitterでつぶやく

本日、ハンドメイドルアービルダーの素顔に迫ったムック
匠の素顔が搬入されました。

aaaaaa

ゲラ(校正紙)では何度も読みましたが
実際に本紙に印刷されて製本されたものを手にすると
ズシリとした重みに感慨がわいてきます。

関係者の皆様に、改めて御礼申し上げます。

ありがとうございました!!

(山根)


最新号
記事検索
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ