ざっと日刊つり人

釣り情報満載! 国内で最も歴史のある釣り雑誌「月刊つり人」編集部員によるオフィシャルブログです。
取材時の裏話など、釣りにちょっぴり役立つ記事を、ざっと日刊でお届けします!

2014年02月

2014フィッシングショー大阪スタート!

twitterでつぶやく

2014フィッシングショー大阪始まりました!
今日は業者日ですが、会場は熱気ムンムンです。

明日は雪の予報なので、釣りはやめてぜひ、インテックス大阪にお越しください!

アユ釣りの現状と将来

twitterでつぶやく

2月7〜9日にインテックスOSAKAで
フィッシングショー大阪2014が開催されます。

つり人社も出展しますので、御来場の際には
ぜひお立ち寄りください。

7日は業者日になっていますが
6号館2階のF会議室にて
「鮎釣りの現状と将来」
と題した講演会(主催(公財)日本釣振興会)が開催されます。

日釣振の環境委員会の委員長でもある鈴木康友(小社社長)が
「鮎釣り河川の現状について」
まずは講演し
月刊つり人でも毎年ご寄稿いただいている
かたはし河川生物調査事務所代表の高橋勇夫さんが
「鮎の現状と将来」
「産卵場の設置河川での取り組み状況」
などを講演されます。

河川環境の荒廃や
放流種苗の問題などにより
アユ釣りを取り巻く環境は年々厳しくなっています。

高橋さんは以前から
漁協に課せられている魚の増殖義務というのは
放流だけではないはずだ。
なのに、これまでは増殖=放流しかなされてこなかった。

アユに関しては放流量と漁獲量は必ずしも比例しない
というデータがあり
魚を増やすなら、放流に頼るのではなく
天然アユのソ上を増やすための産卵床の整備等を
率先してすべきであるといわれています。

今回も、そのような観点の
さらに踏み込んだ内容の話が聞けそうです。

講演会の詳細問い合わせは
日本釣振興会まで。

(山根)






最新号
記事検索
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ