ざっと日刊つり人

釣り情報満載! 国内で最も歴史のある釣り雑誌「月刊つり人」編集部員によるオフィシャルブログです。
取材時の裏話など、釣りにちょっぴり役立つ記事を、ざっと日刊でお届けします!

2015年07月

2015東北アユ釣り場最新情報

twitterでつぶやく


岩手県の閉伊川&気仙川アユ釣りロードから帰って来ました。

ロードとはいえ、1泊2日なんで疲れました…。

P7288605


P7288597


08


でも、良型天然アユがサオをギュンギュン絞ってくれたので
疲れも吹き飛びました!

やはり、2015年のアユ釣り最盛期は
太平洋側天然アユ河川が本丸のようですね。

ちなみに、現在発売中の月刊つり人9月号
東北アユ釣り場最新情報が収録されています。

気仙川や閉伊川の情報ももちろん載っていますので
ぜひご一読ください!

釣ったわけではありませんが
やはり、アユ釣りにはバーベキューがよく似合います(笑)。
49


(山根)



月刊つり人70周年記念号!

twitterでつぶやく

21


釣りビジョンの収録に行ってきました。

今日のテーマは「美味アユ」です。

hyou1_195


ちなみに、美女が手にしているのは
今日搬入された月刊つり人9月号

7月25日発売で、今号で創刊70年になります。

昭和20年代から60年代の日本の釣りを昔の記事の再録で振り返る企画などもあります。


ぜひ、ご一読を!

(山根)

釣りの「パターン」とは結果論に過ぎない!?

twitterでつぶやく


一流の人は考えることが違う
と、唸らずにはいられない新刊が間もなく発売になります。

バスプロ界で実力、人気とも1,2を争う青木大介さんが書き下ろした
適材適所のルアーセレクト
です。

バスフィッシングをはじめ、さまざまな釣りで
パターンフィッシングという言葉が用いられます。

魚が釣れるのにはその時、その時に有効なパターンがあるので
闇雲に釣りをするのではなく、まずパターンを見つけることが大事
というようなことです。

自分もアユを釣ったり、メジナを釣ったり、ワカサギを釣るなかで
その時のパターンというものを意識しています。

しかし、同書の中で青木さんは言っています。

「そもそも“パターン”って何だろう? 
トーナメントではバスプロがそれぞれ違う場所で、違うルアーで魚を釣ってくる。
正解は1つじゃない。だとしたら、”パターン“は結果論に過ぎないのかも。
でも、もっと簡単にバスを釣る方法がある。
それは“適材適所”を考えて正しいルアーセレクトをするだけでいい。
それを伝えたくて、この本を作りました」 

なるほど、釣りで正解がひとつなんてことはありえません。
とすると、パターンというのは確かに結果論なのかも。

長い間、パターンというものに悩まされてきたような気がしますが
もっとシンプルに考えていいのかもしれません。

まさに目からウロコですね。

それにしても、カッコいい。

07021018_5594916697558


話題のアユ釣り場ガイドブック!

twitterでつぶやく


日本の夏の風物詩でもあるアユ釣りは
早いところでは5月中に解禁になりますが
多くは6月に入ってからで
東北地方など寒冷地では7月に入ってから解禁になります。

先週末でほとんどの河川でアユ釣りが解禁になりました。

が、しかし、水温が低かったり
連日の雨で水位が高かったり
天然アユのソ上が遅れていたりで
全国的にまだシーズン本番とはいえない状況です。

というわけで2015年のアユ釣りは
梅雨明け後に期待しましょう。

hyou1_185

hyou1_184

hyou1_176

hyou1_165


渓流釣り場ガイドブックで人気を博している「いい川」シリーズに
アユ釣り場ガイドシリーズが続々と刊行されています。

東北
近畿・北陸
東海
関東甲信越

梅雨明け後、どこに行こうか
今からワクワクしてきます!

(山根)


雨の日にアームチェア・フィッシング

twitterでつぶやく


釣り具の豊富な品揃えで知られるキャスティングの岩槻インター店
8月2日まで「岩槻インター図書館」フェアが開催中です。

この時期は豪雨などで釣りに行けない日が多くなります。
そんな時は、釣りの本やDVDを見てストレスを発散させましょうというわけです。
期間中は普段取り扱っていない本、雑誌、DVDを多数揃えているそうです。

雨の多いイギリスには「アームチェア・フィッシング」という言葉があります。

肘掛椅子にもたれながら釣りの本を読んだり
目を閉じてイメージすることで釣りを楽しむというわけです。

残念ながら、関東地方はしばらくはスッキリしない天気が続きそうなので
アームチェア・フィッシングを楽しみましょう!

(山根)

最新号
記事検索
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ