ざっと日刊つり人

釣り情報満載! 国内で最も歴史のある釣り雑誌「月刊つり人」編集部員によるオフィシャルブログです。
取材時の裏話など、釣りにちょっぴり役立つ記事を、ざっと日刊でお届けします!

2015年12月

一年の締めくくり

twitterでつぶやく

2015年もいよいよ最終週。
この週末は釣り納めだった、という方も多いかもしれません。

26日の土曜日は、月刊つり人編集部員も全員参加しての、
社内のカワハギ釣り懇親会でした。

IMG_0936


終わってみれば、船中トップは
プロカメラマンでゲスト参加の津留崎健さん。
隣に座っていたのですが、和竿師・邦昌作の
カワハギ和竿(写真)でビシバシ掛けていらっしゃいました。
津留崎さんはプライベートのカワハギ釣りで竿頭も珍しくない釣り好きです。

同尾数に付けたのは、
本年度に話題のカハワギ釣り最新テクニックDVDをまとめあげた、
編集部の佐藤。さらに3位は20代にしてカープフィッシングに目覚め、
目下別冊カープフィッシングをまとめている同じく編集部の落合。

優秀な部員に恵まれてうれしい限りですが、
自分の釣果は……雑誌の信頼性に響くとまずいので割愛させていただきます!

まだまだ年明けまでがクライマックスのカワハギ釣り。
おすすめのテクニックDVDはこちらをご覧ください。

https://tsutta.com/products/detail.php?product_id=1952

それでは、皆さまよいお年を。

(八木)

釣りはフナに始まりフナに終わる

twitterでつぶやく


「釣りはフナに始まりフナに終わる」
という格言があります。

サオ、イト、ウキ、オモリ、ハリ、エサを釣りの六物などと言いますが
昔は、それらを使った最も身近な釣りがフナ釣りだったわけです。

mabuna


子どもの頃にフナで釣りの楽しさを覚え
大人になり行動範囲が広がると、海や渓流に足を運ぶようになって
フナから遠ざかっていきます。

で、老いてきて遠出が難しくなってくると
また近所の小川でフナを釣るというわけです。

若かった頃は
荒磯でイシダイやヒラマサを釣り
人跡稀な渓流にヤマメやイワナを追い
沖でマダイやブリをたくさん釣ったけれど
釣りの六物を使った素朴なフナ釣りの魅力を
晩年になって再認識するわけです。

「やっぱり、釣りはフナに始まってフナに終わるんだな」
と。

残念ながら
水辺環境の悪化でフナは都市部から姿を消し
現在は身近な入門ターゲットではなくなってしまいましたが
フナ釣り自体が楽しめなくなったわけではありません。

今でも、フナがいるところには、信じられないくらい多くの人たちが
出会いを求めて集まってきます。

フナ釣りの超初心者向けレッスン動画が
Honda釣り倶楽部にアップされていますので
興味のある方はチェックしてみてください!

uykthdrsdtsh


hondafgt

最新号
記事検索
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ