月刊つり人では年に1回
釣り人たちの「マジで死ぬかと思った」体験談という企画をしています。

クマに襲われた、氷上ワカサギの穴に落ちた
サオで感電した、波にさらわれた

などなど、すべて釣り人の実体験に基づいた話で
中には笑える話もありますが、多くは本当に危険な話です。

釣りは自然の中での遊びなので危険はつきものとはいえ
できるだけ危険を回避せねばなりません。

釣りを末永く楽しむためには
「安全はすべてに優先する」
を肝に銘じなければなりません。

無茶をすると、こういう危険がありますよ
ということを伝えるための読み物です。

これが好評で書籍化してみたところ大ヒットし
シリーズ3まで出ました。

ダウンロード


次はないのかというお声をいただいており
編集部で体験談を募っているのですが
年々増えているのがクマに襲われたという話。

山奥に分け入る渓流釣りでクマに遭ったというのは分かりますが
里川のアユ釣りでもクマに遭遇したという話も聞かれるようになりました。

渓流釣りは最盛期を迎え、
アユ釣りも間もなくシーズンインですが
クマ鈴を用意して臨んだほうがいいかもしれませんね。

近頃は、こんなお洒落なクマ鈴もあります。

05071012_554abc098ae9a