先日も楽しいはずの釣りで痛ましい事故が起きました。

釣りに関わらず、サーフィン、スキー、ダイビング、登山など
自然の中での遊びは危険がつきまといます。

だから全てにおいて安全を最優先せねばなりませんが
それでも、毎年、悲しい事故が起きてしまいます。

こうした事故を少しでも減らすために
釣りで危険な場面に遭遇した方々の体験談を月刊つり人に寄稿していただき
それらを一冊にまとめた人気シリーズ『釣り人の「マジで死ぬかと思った」体験談』
5作目が発売になりました。

hyou1_208


今回も
山中でクマに噛まれた、滝を滑り落ちた、真冬の磯に漂流した
ハリが目に刺さった、流された、荒海で決死の帰港などなど、
ありとあらゆる「マジで死ぬかと思った」災いを収録。

なぜ、このような災いを招いてしまったのかが
おぼろげながら見えてきます。

釣れても釣れなくても
「ただいま!」と元気な姿で家に帰りたいですよね。

(山根)