釣りは漁ではなく遊びです。

とはいえ、自然の中での遊びなので
常に危険と隣り合わせです。

だからこそ、安全第一で楽しまねばなりません。

安全が常に優先するとはわかっていても
「釣りたい」という思いが強すぎると
時に危険を承知で無理をしてしまったり
あるいはふとした気の緩みが
大きな事故につながったり……。

注意していたつもりでも
悲惨な事故に遭ってしまうこともあります。

まさに九死に一生を得た釣り人たちの体験談をまとめた
「マジで死ぬかと思った」シリーズの最新刊シリーズ5
電子版でもご覧になれるようになりました。

hyou1_208



楽しいはずの釣りが一転して思わぬ展開に。
クマを蹴落とし、クマに噛まれ、滝を滑り落ち、
真冬の磯に漂流、ハリが目に刺さる、流される、荒海で決死の帰港などなど
ありとあらゆる「マジで死ぬかと思った」災いが、次から次へと釣り人に襲いかかる…。

人の振り見て我が振り直せ。

どういう所に落とし穴があるのか
貴重な体験談から学んで、
釣れても釣れなくても、いつも笑顔で帰宅できるようにしたいですね。

(山根)