5年前の今日は、会社で編集作業中でした。

そして地震が来て、このブログを書いている
夕方7時前、なかなか電話がつながらず、
結局近くの「公衆電話がつながる」との情報があり、
並んで自宅にかけた記憶があります。

電話のある靖国通りは、
歩いて帰宅しようとする人たちで
ごったがえしていました。

また、編集部から歩いて帰るという先輩に、
手袋を渡した記憶があるので、
かなり寒かったような気がします。
自分は会社に寝ました。

今日、同じように目の前の原稿書きやらに
追われてこの時間になってみて、
いかに記憶が風化しやすいか痛感。

これではいけないなと、反省しきりです。

忙しいとは「心を亡くすの意」だそうですが、
釣りに没頭するのは素晴らしくても、
こうなってはいけませんね。

とういわけで、また編集作業に没頭します!

どうぞよい週末を。

(八木)