明日はいよいよ最新号の発売日。

と、思っていたら、
島根で釣り人が怪我をして驚いた
ツキノワグマの被害が、
とうとう関東のメジャーな渓流釣り場の
1つでもというニュースが飛び込んできました。

場所は神奈川県の丹沢(山北町)、玄倉林道。
ハイキング中の男性が、
親子2頭のツキノワグマに出くわし、
親グマが向かってきて、手持ちの三脚で
なんとか追い払ったものの軽い怪我をされたとか。

実は島根のニュースのちょうど少し前に、
丹沢湖に注ぐ、玄倉川、中川、世附川の3本の川のうち、
世附川に今季も久しぶりに釣りに行きたいと思って
知り合いに話を聞いたりしていたのですが、

「今年はクマを見たという話をけっこう聞くから、
あまり夕方遅くまで一人で残るような釣りはしないほうがいいよ」

とアドバイスを受けていました。

その後の各地のツキノワグマ出没多発で、
まさか自分が行こうとしているところで
クマとばったりは出来すぎだよなぁ……などと思っていたのですが。

次号ではさすがにツキノワグマについて、
釣り人の立場からも少し詳しく調べてみようと思います。

それにしても今年は何が違うのか?
非常に不思議ですね。

(八木)