取材のハードスケジュールに関しては
面接の時にさんざん聞かされていた。
でも…でも…。

先日のアオリイカ釣り取材では
仕事が終わった後、深夜に伊豆へ出発。
そのまま釣り続け、昼頃にはもうクタクタ。
それでもロッドを放さないA先輩の体力には驚くばかり。
東京からずーっと運転しているのに、このパワーはいったいどこから?

この日は軟弱モノの私が弱音を吐いて
早めにカンベンしてもらいましたが、
黙っていたら日が暮れるまで釣っていたと思うと、今思い出しても背筋が凍る。
まさに「死ぬかと思った…」恐怖体験でした。
そういえば「死ぬかと思った…」はA先輩の担当だったけど、
まさかネタほしさに俺を追いこんだんじゃ…?
02.jpg
もういいじゃないですか、釣れないっすよ…

この日は早めにカンベンしてもらいましたが、
次回はちゃんと釣り続けられるようにジョギングでもしておこっと。