「またシーバス!?」
カミさんの頭にツノが生えていますが、
そそくさと家を出ていつもの運河へ。
まだまだ校正が忙しく
フィールドへ取材に出られないこの時期
運河のシーバスは格好の遊び相手なんです。
しかも大潮。風もない夜で潮位もまだ高めとくれば
居ても立ってもいられません!

それにしても……
なぜ、バチ抜けシーバスにこんなに夢中になるのか?
自分でもちょっと不思議です。

まあ、近くて手軽というのが一番。
周囲にウジャウジャいるのが分かっているのも熱くなる理由。
ほとんどスレた魚相手の管理釣り場といった雰囲気なんです。

その日によってアタリがバンバンあったり
ライズはあっても全く相手にされなかったり
いまだよく分からないところも飽きない点。

とにもかくにも釣り場に着いたら
さっそく海面のバチをチェック。
水門より下流の河口側では潮こそ動いているものの
バチは見えず。ライズもなし。
で、水門を挟んだ上流側に行くと
状況が一変。まさにバチ天国。ライズもボコボコ!

これだよこれ! この状況を待ちわびていたんです!
ところが……
ワームの表層ピロピロには、反応はあまりない。
かといって周囲でミノーをキャストしている
ルアーマンのロッドも曲がっているようすはない。
いかにも美味しそうな状況なのに……。

何事もなく1時間が経過。
しだいに終息していくライズ。
ダメかと思ったら、突如、水面が割れ、
ロッドにグイっと重みが乗る。

PE0・4号にリーダーはフロロカーボン3号。
足場は垂直護岸なんで
ドラッグを利かせれば、ワタシが釣っているサイズなら問題なし。
底へグイグイ潜ったのち、ジャンプ一発。
あ〜楽しい!


この掛かりなら、まずバレません

タモ入れすると、オフセットフックとトリプルフックが
ともにフッキング。これならエラ洗いされてもバレないです。
サイズは50チョボチョボながら、
腹は丸々。コンディションよし。
その後、2回アタリがあったもののフッキングせず
さすがにカミさんが恐くなり、帰宅。
臭い玉網を風呂場で洗い、そそくさと就寝。
明日も風がなければ行こうっと。