釣りが上手な人は見ていても姿勢が美しい。
逆に、姿勢が美しい人を釣り場で見たら、
「この人は相当やるかもしれない」
と思ってしまう。

鳥取県八頭郡在住の吉田健二さんは、
アユ釣りのスペシャリスト。
昨年のダイワ鮎マスターズの覇者である。
9月1〜3日に行なわれるマスターズ20周年記念大会でも
連覇がささやかれているが、
その吉田さんの美技を見に鳥取へ行った。
P8270025.jpg
岸本友釣専用区の流れ

山陰を代表するアユ河川、日野川。
吉田さんのホームグラウンドのひとつであるとはいえ、
朝イチからの入れ掛かりに、目が眩んだ。
釣りを撮らせたら天下一品の写真家、津留崎健氏も
「カッコいいねえ」
を連発。軽快にシャッターを切っていた。

姿勢は美しい。しかし、吉田さんの友釣りは型破りだ。
だが、それは時代にマッチした釣法ともいえる。
吉田さんの真骨頂。
すぐにでも月刊つり人で紹介したいところだが、
今回は2007年の月刊つり人7月号の取材である。

釣り雑誌界の巨匠こと津留崎カメラマンをも唸らせたイケメン名手の美技は、
来年の月刊つり人7月号(5月25日発売)で、余すところなくお伝えします!
P8270031.jpg
爽やかな笑顔が印象的な吉田さん