DSC_0084.jpg
サンマじゃないですよ! サヨリです

あ〜ビックリした。
房総半島南部、南房のサヨリは大きいとはいうけれど
一昨日のサヨリはいずれも40cmオーバー。

ウキが消し込む。
合わせる。
すると、バシャバシャと海面をテールウオークするサヨリ。
まるでカジキみたい。

これがまた、旨いのなんのって。
はっきり言って、これまでサヨリをそれほど美味しい
と思ったことはなかったけれど
1日寝かせただけで濃厚な滋味が生まれていて
メタボにつき控えているビールが
止まらん止まらん。

南房サヨリの攻略法は
千倉町在住の庄司光浩さんが懇切丁寧に解説してくれるので
月刊つり人4月号(2月25日発売)をお見逃しなく!

ところで、なぜこのグラマラスなサヨリを
即バイトしないで寝かせる気になったのか。

さっ、早く帰ってサヨリちゃんを平らげて
月刊つり人3月号に載っている
伊藤式フィンガーノットで極細仕掛けを作ろうと思っていたところ
外房でメジナが好調との情報が!

しかもエサはノリ。

というわけで急きょ宿を取り
御宿の名手、高野孝広さんと小湊へ。
DSC_0062.jpg
ノリを丸飲みしてきた35cmのクチブトメジナ

ちょっと、ちょっと、ちょっと。
スゴすぎます。

試しに同行者がオキアミエサでトライしても
20cm前後のコッパメジナの猛襲に
手も足も出ないのに
高野さんはノリで34〜40cmを連発。

でもって、僕も高野さんに教わりトライしたところ
アタリが連発!
目から鱗のノリメジナ釣法でした。
もちろん、この模様も月刊つり人4月号にて掲載します!