2007年のフィッシングショー。
ダイワのブースに展示されていた
「そっくりさん人形」が注目を浴びていた。
村田満さんや鵜澤政則さんといった名手の
愛嬌たっぷりの人形だ。
人形は石粉粘土とイラストで立体的に表現されており
クラフトレーションと呼ばれる。

作者は、その道では広く知られた
礒岩まさるさん。
クラフトレーションとは礒岩さんが創り出した
表現スタイルでもある。

武蔵野美大卒業後、グラフィックデザイナーやイラストレーターとして
雑誌、広告などで幅広く活躍した磯岩さんは
大の釣り好きでもある。
本誌にも度々登場していただいており、
最近はカワハギ釣りやシロギス釣りにハマッているとか。

フィッシングショーの会場にて
「いいなあ、オレの人形も創ってもらいたいもんだ」
という会話を小耳に挟んだが、
実は、これ、可能なのである。
礒岩さんにカラー写真を送れば、
それを元に、世界でひとつの
クラフトレーションを創ってもらえるのだ!

A0022_L.jpg
これが礒岩さんのクラフトレーション

間もなく、乗っ込みの春。
念願の大型魚を手に破顔一笑の写真を送って、
マイクラフトレーションを創ってもらおう!
詳細はこちら