神田神保町にある編集部に
アユ釣りの名手、主藤秀雄さんがやって来た。
syutoug.jpg

スーパーウエポン背バリの創始者として知られ
その美しい仕掛け作りは時に芸術とまでいわれる。

釣技もさることながら、主藤さんのスゴイところは
なんでもかんでも自分で創ってしまうところである。
実は現在市販されている釣り具や仕掛けなどで
主藤さんの考案によるものは少なくない。

釣る発明家とでもいおうか。

どうやら、僕のような凡人とは根本的に
脳の作りが違うようである。

amitukeg.jpg
主藤さんお手製の編み付け器

手先も驚くほど器用で
上記の編み付け器などはほんの一例。
仕掛け収納箱やタモ、ビクなど
ため息が自然と漏れてしまうほどの美しさである。

その主藤さんが、またすごいことを考えてしまった。
puruji.jpg
これがどれほどスゴイかって……

詳細は月刊つり人6月号(4月25日発売)にて紹介予定です。
これさえ読めば、どんなに不器用な人でも
ハナカン遊動仕掛けがすぐに作れます。

編集部イチ不器用な僕が言うんだから間違いなし!