天竜川の支流、小渋川に沿って
山道を小一時間ほど上ると、鄙びた村が現われる。
大鹿村である。

村内の鹿塩温泉「山塩館」に宿を求めた。
P4274074.jpg
名前のとおり泉質は強食塩泉

さまざまな伝説の残る出湯は
海水とほぼ同じ塩分濃度3・8%の強食塩泉。
舐めるともちろんしょっぱい。

山塩館では、この温泉から山塩を製塩し、
すべての料理に用いている。
P4284267.jpg
山塩館の製塩所。朝火を付けて夕方に塩の結晶ができる

P4274236.jpg
めずらしいコイの塩焼き

夕食は地の物を使った郷土料理。
山菜、きのこ、鹿肉、イワナのほか
珍しい逸品がコイの塩焼き。
開いた状態のコイに山塩を満遍なく付け
こんがり焼き上げたもの。

正直、コイ料理はあまり得意ではないが、
珍しさにつられて箸を出すとアラ不思議。

これがコイ!?

川魚特有の臭味がなく、
それでいて脂がほどよく乗り、
山塩とうまい具合に絡み合った滋味が
口の中にとろりと広がる。
まるで、カンパチの塩焼きを食べているかのようだ。

海の塩と違い、ニガリ成分のない山塩
だからなせる業なのだろうか。
地元ではコイを食べると母乳の出がよくなるとのことで
若い女性はもとより老若男女に好まれる料理だという。

翌日は小渋川の支流、青木川へ。
GWだというのにまだ景色は冬枯れ。
しかし、やや雪代が混じった水は碧く、
釣欲をそそられる。

P4284284.jpg
清冽な水を湛える青木川

山塩館の若旦那の長男、平瀬左京クンがサオをだすと
石裏のタルミからきれいなイワナが躍り出た。

P4274201.jpg
青木川の美形イワナ

気持ちいい出湯と独特の郷土料理、
そして清冽な流れに躍り出る美形魚。
ひと足先にGWを楽しんだのだった。

といっても、取材ではあるが…。
詳しくは5月25日発売の月刊つり人7月号をチェックしてください!