向かった先は摺上川。
阿武隈川の支流である。

福島市在住の伊藤一美さんによると
ダム下でヤマメがよく釣れているという。

摺上川.jpg
ダム下の摺上川の流れ

取材の後、よし、ゼロ釣法を試してみよう
かと思ったが川虫が採れない!
さあ、困った。
と、撮影を終えた写真家の津留崎健さんは
いそいそとフライフィッシングの支度をはじめ
車止の目の前の瀬で、いきなり8寸クラスの
ヤマメをヒットさせた。

津留崎.jpg
魚、いるね〜とご満悦の津留崎氏

ならば、と僕もテンカラタックルを用意して
いざ出陣。

流心脇のタルミに毛バリを落とすと、
いきなりガバッと出た。
ビックリして大アワセをくれると
あえなくアワセ切れ。
頭に血が上る。

その後も、出るには出るのだが、
ピーカンの真昼間だったためか警戒しているようで、
なかなか合わない。
ダム下のプールまで釣りあがると
ライズしているヤマメを発見。
パーマークまではっきりと見える。

抜き足、差し足で近づいて毛バリを振り込むも
1回目はシカト、2回目は驚いて少し後退。
3投目、見えているヤマメの後ろから
別のヤマメが出てきて食いついたが
あっ!と声を上げたまま体はまるで反応しない。

自分のヘボさ加減が情けなくなってきた4投目。
なにがそうさせたのか、見えているヤマメがまんまと食いついてくれた。
合わせると、ズシッというたしかな手ごたえ。

最高で〜す!

手にしたのは25cmほどのパーマークのきれいな魚体。
写真を撮ろうとしたところスルスルと逃げられてしまったが
まあいいでしょう。

その後はイワナをキャッチし、
もう一発アワセ切れをしてしまった。

イワナすりかみ.jpg
摺上川のイワナ

あかはら.jpg
小型のアカハラ(ウグイ)まで飛びついてきた

ゼロ釣法も楽しいけど、
テンカラも楽しい。
釣りはなんでも楽しいなあと
津留崎さんとふたり、ニコニコ顔で帰路についた。