一昨日に釣ったアナゴを昨夜食べた。

「マイウ〜!」

のひと言に尽きる。
娘も大喜びで
ペロッと3尾を平らげた。

anago6
アナゴの白焼き

調理法はいたって簡単。
開いたアナゴを素焼きにして
焼き上がったものに市販の蒲焼のタレや醤油を付けて食べるだけ。

そんな簡単にいうけど
アナゴなんてさばけないよ。
と思われる方、ご安心を。
ほとんどの船宿では
釣り上げたアナゴを船長がさばいてくれるのだ。

anago5
手際よくアナゴをさばくつり幸の船長

ところで、一昨日の釣果はといえば
僕は7尾。
数にはやや不満が残るが、良型がそろったので満足。

偶然居合わせた上州屋元石川店の斎上史郎さんは
12尾を釣っていた。

anago3
慣れた手つきで小突く斎上さん

anago2
斎上さんの釣友もコンスタントにあげていた

今回お世話になった船宿は
川崎のつり幸

東京からも近く
また電車釣行の場合は川崎駅まで送迎してくれる。
とってもほのぼのとした雰囲気で楽しめるので
ビギナーにもおすすめです。

anago1
良心的なつり幸では、女性でも安心して楽しめる。うれしい外道のカレイがヒット

僕らが乗った船はトップ20尾ということだったが
別船では30尾近く釣った人もいたようだ。
さらに、つり幸はシロギス→アナゴのリレー船も出船中で
計3隻が夜アナゴに出船した。
どの船も大盛況で、人気の高さがうかがえた。

同行した編集部Mは気合充分で
釣行前に最新のタックルを新調。
僕は10年前のタックルだったので
少し気後れしたが、はたしてMの釣果は…

詳しくは今月25日発売の月刊つり人8月号をご覧ください(山根)

anago4
待望のアナゴ! と思いきやMが手にするのはサメ…。どうなってんの?