月刊つり人が産声を上げたのは昭和21年。

当時は創刊者の佐藤垢石はじめ
井伏鱒二や森下雨村など
そうそうたる執筆人が名を連ね、
世界のフジタといわれた洋画家の
レオナール・フジタこと藤田嗣治の絵が
表紙を飾ったこともありました。

45rtg46ey
月刊つり人創刊号の表紙

それから60余年。

月刊つり人から
バスフィッシング専門誌Basser
フライフィッシング専門誌FlyFisher
別冊鮎釣り
別冊渓流釣り
といった、いくつもの専門誌が生まれました。

今月25日発売の月刊つり人1月号は
通巻第64巻。
つまり、64年目に突入というワケです。

そこで、プチリニューアルをします。

定期誌のリニューアルは作っている側もワクワクですが
普段よりも随分と手間取ります。

締め切り目前の今、
編集部員の顔は土気色になり
目はタニシのようにしぼんでいます。

でも、ゴールはあと少し。

だよなぁ、マノ
今夜は帰れるよなぁ…
(山根)