ざっと日刊つり人

釣り情報満載! 国内で最も歴史のある釣り雑誌「月刊つり人」編集部員によるオフィシャルブログです。
取材時の裏話など、釣りにちょっぴり役立つ記事を、ざっと日刊でお届けします!

カワハギ

カワハギの薄造りが誰でも簡単なナイフ

twitterでつぶやく

「亭主元気で留守がいい」
なんてよく言うけれど
毎週末、釣りに行くとなると
さすがに家族の視線が痛い。

家にいればウザイだの、おかげで胃が痛いだのと罵られ
いなければ、何も協力しないと愚痴られる。

いったい、
日本の父親は
いつからこんな身分に成り下がったのか。

まあ、いい。

家族へのせめてもの償いとして
釣った魚を調理してあげる
という人は多い。
僕もその一人である。


カワハギ4
たとえば、カワハギの薄造りなんて作ったら…?

でも、魚をさばくのには慣れが必要だ。
最初はなかなか上手くいかない。
だが、上手くいかない理由の多くは
包丁がダメだからだ。
切れる包丁を使えば、
中学時代に技術で1を取った僕のような男でも
角が立つような刺身を作ることができる。

まずは中出刃(刃渡り20cmほど)が1本あればいい。
7000〜8000円のものを買うと安心だ。
ちなみに、僕はサウスポーなので
左利き用を使用している。

どうにかサクにできるようになったら
刺身包丁が欲しい。
そこで、おすすめしたいのがコレ

カワハギ5
薄造りぺティーナイフ

包丁ではなくナイフなのだが
抜群に切れるのだ。
しかも、これなら
技術を要する薄造りが誰でも簡単にできる。

カワハギ3
カワハギの薄造りが誰でも簡単!

毎日、何十尾と魚をさばく
伊豆大島の釣り宿「三佳」のご主人
白井賢一さんも
「恐ろしいほどよく切れるよ」
と太鼓判。
目の前でカワハギの薄造りを
瞬く間に作ってくれた。

カワハギ1
「すごい切れ味だお〜」と白井賢一さん

カスタムナイフなので
注文から1ヵ月くらいかかってしまうが
円満家庭を望むなら
一家に一本は欲しいナイフだ。

ナイフの詳細はコチラ
(山根)

伊豆大島でファイア〜!

twitterでつぶやく

ブログネタ
釣り に参加中!
ヨコブチ
伊豆大島のヨコブチ

やっぱり大島はスゴイ!
昨日と今日の午前中、
大島のトーシキ、ヨコブチ、千波崎
などでメジナをねらったが、
ズドン、ズドンと良型がヒット。

サオがのされてハリスが切られるわ
大型マダイらしき魚にミチイトから飛ばされるわ
強引にやり取りし過ぎてハリ曲げられるわ
やっぱり強引すぎてスッポ抜け連発するわで
取り込めたのはオナガメジナの42cmが頭だったけど
気分は最高。

大島は1年ぶりだったけど、期待を裏切らない!


伊藤さんサオ曲がり
このサオの曲がり! 


伊藤さんオナガ
44cmのオナガメジナをゲットした伊藤一美さん

今回は名釣会の伊藤一美さん一行と釣行を供にしたが
どの磯に行っても40cmオーバーを釣るテクニックに脱帽。
伊藤さんはアユもヤマメもかなりの腕前なのだが、
磯釣りも相当なもの。
その理論と実践をいつか月刊つり人で大々的に紹介したい。

磯カワハギ
キモパン良型カワハギも釣れますよ

ちなみに、今日の大島は水温14・8℃。
北東風8m。
このまま水温が安定すれば
今後も期待大!(山根)

釣り - livedoor Blog 共通テーマ
最新号
記事検索
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ