ざっと日刊つり人

釣り情報満載! 国内で最も歴史のある釣り雑誌「月刊つり人」編集部員によるオフィシャルブログです。
取材時の裏話など、釣りにちょっぴり役立つ記事を、ざっと日刊でお届けします!

マダイ

東京湾でも鯛ラバ猛威!

twitterでつぶやく

金沢八景の老舗船宿『野毛屋』さんに行ってきました。
ねらいはようやく大型が釣れだしたマダイです。

野毛屋さんのマダイといえば
エビシャクリが有名ですが
昨年からラバージグでもねらえるようになったのです。

黒川勇治船長によれば
数ならエビ、でも大型ならラバージグに分があるといいます。
今回の取材でもその言葉どおりの結果になりました!

鯛ラバ1
エギングでおなじみながら、ここ数年は鯛ラバにハマりまくりの笛木展雄さんが3.8キロの美しい大型をキャッチ!

652
最初はロックフィッシュ地獄特製のロックフィッシュ・ロンTで頑張っていた笛木さん。漢釣貫徹して怪物退治を果たしました!

653
もちろん、ラバージグだけではありません! エビエサのシャクリ釣りでも2.5キロの良型が! 釣り人は横浜市の渡瀬さん

654
笛木さんは鯛ラバ専用ロッド『ソルティーラバー』のプロトロッドであるスピニングモデルを使用。ロッドが海中に突き刺さる強烈な引きがたまらない!


655
観音崎沖で出た3.8キロ! 『ソルティーラバー』の100グラムにヒット。潮の速い浦賀水道では浮き上がらない重さのラバージグが有利のようです


656
当日は3.9キロという大型もラバージグで飛び出しました。釣り人は川崎市の浜村さん。ラバージグは『アンサー』の90グラム

657
笛木さんは1.8キロも手にしてサオ頭!

そんな絶好調な東京湾の鯛ラバですが
ワタシはどうだったかといえば……
書きたくありません……
取材のほかに有給休暇まで使っていきましたが……
釣れる人には釣れるけど
釣れない人には釣れません。
でも、行かなければ釣れません。
アタリがないと心が折れてしまう釣りですが
信じて落とし続けましょう。
信じて巻き続けましょう。
特にラバージグは来れば大型が多いので
ワタシの代わりに強烈な引きを味わっちゃってください!
(天野)

衝撃の磯マダイ

twitterでつぶやく

西伊豆雲見の磯でマダイが爆釣中。

50cmオーバーは当たり前
中には70cm、80cmオーバーも出ている。

磯からのマダイ釣りはとってもスリリング。
ウキが水面から消し込むや
サオは手もとからひんまがり
リールからイトがバラバラバラ〜ッと走り出る。

磯マダイ1
強烈なファイトを楽しませてくれる磯マダイ

満を持して
先週の日曜日に知り合いのK氏が4名で挑んだところ
どういうわけか、この日にかぎってマダイは来ず
しかも、エサ取りのアタリすらなく
4人そろって1尾の魚も釣れなかったとか。

クワバラ クワバラ

が、しかし。
例年、西伊豆における磯マダイの好機は
3〜4月。
今年は1月からずっと釣れ続けているため
きっと大きな群れが入っているのだろう。

磯から大型マダイを釣る場合
サオ1本半〜2本(7〜10m)のタナでねらうのが基本。
辛抱強くこのタナをねらい続ければ
5kg超のビッグワンが1回や2回は当たるはずだ。
それを取れるか取れないかは、ウデしだい。

磯マダイ2
鼻の穴がふたつ空いた天然もの。放流ものは穴がひとつになっている

磯から釣れるマダイの多くは
各ヒレが長く、色艶が美しい天然もの。

この春は、ゼッタイに5kgオーバーを釣ってやる!(山根)

西伊豆雲見の衝撃の釣果はコチラ

巨チヌの宝庫、玉之浦へ

twitterでつぶやく

大型クロダイの宝庫として知られる
五島列島福江島の玉之浦へ。
玉之浦は大きな湾で
クロダイは湾内が主な釣り場になる。
一方、湾の外は西磯と呼ばれ
メジナやマダイ、イシダイが多い。

wannnai.jpg
大型クロダイの宝庫、玉之浦の湾内

今回は天候にも恵まれ
湾内と西磯の両方を満喫することができた。

katosan.jpg
湾内とは対照的な荒々しい男性的な外海でマダイがヒット

isomadai.jpg
玉之浦の大型マダイ

マダイをはじめ、クチブトメジナ、オナガメジナ
クロダイ、ヘダイ、アオブダイ、メイチダイ、アオリイカなどなど
豊穣の玉之浦を満喫。
磯から上がったあとは
島内最古の温泉
荒川温泉で疲れを癒し
源泉掛け流しの豆屋旅館にて釣果に舌鼓。

matukawadukuri.jpg
マダイの活き造り。いやはや旨いのなんのって

sioyaki.jpg
マダイとメジナの塩焼き。はたして、どちらが旨いのか…?

玉之浦釣行の詳細は
月刊つり人2月号(12月25日発売)でお伝えします。
(山根)









鯛ラバが激アツ!

twitterでつぶやく

現在発売中の『月刊つり人』9月号では
宮本善亘さんがゴムボート、同行の鈴木篤さんがカヤックに乗り込み
西伊豆で鯛ラバに挑戦したもようを掲載しています。

結果は大成功!
鈴木さんは良型オオモンハタをゲット。
宮本さんは朝から1?sオーバーのマダイを連発。

0708181.jpg
シャウト!のアンサーで宮本さんがキャッチした大ダイ

圧巻はこの81?pの大ダイ。
落として巻くだけでこんなマダイが釣れるなんて!

と思っていたら、今度は笛木展雄さんからも鯛ラバ連発の報告が。
得意のゴムボートをはじめ、エギングで使い慣れているレンタルボートを駆使して
良型マダイを釣りまくっています。
このもようは8月25日発売の『月刊つり人』10月号をご覧ください。
伊豆でも千葉でも連発しています。やばいです。
アオリイカのエギングがそうであったように
鯛ラバもボートから釣るのがブレイクしそうです。

0708182.jpg
元祖ゴムボマスターの本領発揮! デュエル『ソルティーラバー』で3?sオーバー

操船できない人やボートではポイントが分からないという人は
乗合船がおすすめです。
金沢八景の老舗船宿『野毛屋』さんでは
伝統のエビシャクリ船でこの鯛ラバが楽しめます。
ワタシも先日お邪魔させてもらったところ
運よく2?sオーバーをキャッチ。

0708183.jpg
東京湾湾口のブランドマダイを鯛ラバでゲット。最高です

乗合船、レンタルボート、ゴムボートと
愉しみ方もさまざま。そして外道も多彩な鯛ラバ。
ロックフィッシュへの効き目も抜群です。
ちなみに11月に発売予定の別冊『ロックフィッシュ地獄?V』でも
たっぷりと鯛ラバを特集しますのでお楽しみに!
(天野)

最新号
記事検索
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ