ざっと日刊つり人

釣り情報満載! 国内で最も歴史のある釣り雑誌「月刊つり人」編集部員によるオフィシャルブログです。
取材時の裏話など、釣りにちょっぴり役立つ記事を、ざっと日刊でお届けします!

友釣り

茨城の天然アユを育もう

twitterでつぶやく

茨城の天然アユを考える会議が
常陸大宮市文化センターで開催された。
P9307211.jpg
講演をする高橋勇夫さん

茨城県内水面水産試験場が音頭を取り
茨城県内水面漁連と共催。
特別ゲストとして
農学博士で
たかはし河川生物調査事務所主宰の
高橋勇夫さんが参加。

P9307218.JPG
高知県物部川のかつてのアユ釣り風景

全国各地の河川に行き
実際に潜って調査をしてきた高橋さん。
さまざまなデータを集積し、
そこから導いた理論はとても説得力がある。

「これまでは放流量を増やすことでアユの漁獲を増やそうとしてきましたが、
放流量を増やしても、アユの漁獲が必ずしも増えないということが
明らかになりました。大切なのは天然アユを取り戻すことです。
放流を増やす努力をするのではなく、
これからは天然アユを増やす努力をすべきです」
と高橋さんは何度も訴えかけた。

P9307258.jpg
会場では県内の漁協関係者が高橋さんの講義に聞き入った

高橋さんの興味深いアユの話は
月刊つり人12月号(10月25日発売)で掲載しますので
全国のアユ釣りファンはぜひともご覧下さい。

今回のシンポジウムは
茨城県内水面水産試験場の熱血技師
荒山和則さんの企画。
農水省の発表によると
アユの漁獲高はここ数年、茨城県が全国でトップ。
水産技師、組合員、釣り人たちが協力し、
今後とも天然アユを守り続けていただきたい。
(山根)

利き酒ならぬ利き鮎会

twitterでつぶやく

P9237140.jpg
東京プリンスのサンフラワーホールにて利き鮎会スペシャルin東京が開催された

9月23日、港区御成門の東京プリンスホテルにて
利き鮎会スペシャルin東京が開催された。
利き鮎会とは、利き酒のようにアユの味を競う大会。
そもそも、高知県友釣連盟が始め、
今年で10回目を迎えた。
これを祝い、
またこれまでのグランプリ、準グランプリに輝いた河川の中で、
その頂点を決めるべくスペシャル大会を開こう、ということになった。
いわば美味アユ河川による天王山である。
P9237102.jpg
会場には17のエントリー河川からそれぞれ約30尾、計500尾以上のアユが運ばれた

後援は日本釣振興会、日本釣りジャーナリスト協議会、
日本釣用品工業会、日本友釣会連盟。
協賛は釣りメーカー各社。
実行委員会は高知県友釣連盟、ダイワ、シマノ、がまかつ、下野、弊社。
また、来賓として
国民新党党首で釣魚議員連盟会長の綿貫民輔さん
釣りキチ三平でおなじみの矢口高雄さん
中央水産研究所の阿部信一郎さんなども列席された。

P9237154.jpg
特別審査員として真剣に利き鮎する綿貫先生と矢口先生

P9237113.jpg
実行委員長は鈴木康友(小社社長)

さて、スペシャル大会にエントリーしてきたのは
美味アユとして全国的に知られる
青森県赤石川、山形県小国川、静岡県藁科川、岐阜県馬瀬川、和良川
島根県匹見川、高知県安田川、四万十川など
そうそうたる顔ぶれ。

僕も審査員のひとりとしてAブロックのアユを食べ比べた。
Aブロックは四万十川、気田川、小国川、馬瀬川がエントリーする激戦区。
しかし、利き鮎の段階では、河川名はふせられている。
実際に食べ比べてみると
いずれも旨いのだが、思った以上に味に差があることに気付く。
舌触り、香り、滋味、腸のコクなどが河川によって異なるのだ。

河川名が明らかにされるのは審査員が利き鮎を終えてからで
結果として決勝進出したのは
Aブロック馬瀬川
Bブロック匹見川
Cブロック安田川
Dブロック揖保川

特別審査員によるファイナル選考により
馬瀬川がグランプリに輝いた。
かつては、天下の馬瀬川といわれたものの
冷水病などにより近年は人気が下降気味だっただけに
馬瀬川人気が復活することは間違いないだろう。

それにしても、
河川によるアユの味を競うというこの素晴らしい大会を
企画された高知県友釣連盟、
ならびに実行委員会、協賛、後援、そしてスタッフの皆様には感謝、感謝である。
これにより、人々の河川への愛情が一層深まることを期待せずにはいられない。
(山根)




球磨川のアユに魅せられて

twitterでつぶやく

ウサギなどという可愛らしい名前の
忌々しい台風5号から逃れるように
昨日、熊本県から戻ってきた。

0580000.jpg
夏に熊本といえば、球磨川です

もちろん、熊本に行っていた目的は球磨川の大アユ釣り。
台風4号の影響を考慮し、
ここしかない! という日程を組んだところが
狙い撃ちですたい。

でも、ウサギが来る前に

0210000.jpg
こんなウナギを釣って食べたり

0730000.jpg
こんなアユを撮影できたり

取材はバッチリですたい。
強いて言えば、
おいどんの釣りする時間がなかとですたい!

取材でお世話になった韮塚智彦さんは
山江村の万江川沿いに
新築のコテージを1年間レンタル。
0270000.jpg
こんな素敵な場所で一夏を過ごすのです

グリーンツーリズムの一環として
なんと、このコテージのレンタル料は年間で48万円とか。
月々、4万円。
弊社のある千代田区では駐車場も借りられんですたい!

球磨川のアユに魅せられて
東京杉並から九州に移り住んだ韮塚さんのスローライフ。
月刊つり人10月号にて
津留崎健さんのド迫力写真とともに
お伝えします!
(山根)


7月20日、那珂川よりアユ釣り実況

twitterでつぶやく

matiura12.jpg
20センチ高の那珂川町裏の流れ

那珂川の黒羽地区から実況。
水位は20センチ高。
水色は笹濁り。
流芯のアカは飛んでおり、ヘチの残りアカねらい。

takase12.jpg
開始早々、高瀬のオヤジさんがヒット

高瀬おとりのオヤジさんは船から残りアカをねらい良型をヒット。
カメラマンのジョッパこと鈴木雅雄さんも、
勇猛果敢に高瀬さんのそばに立ちこみ
ポツポツとアユを掛ける。
すごい気合いだ…

話しかけるのも憚れるほどのオーラ。
それじゃあ、アユも逃げちゃうかも…
joppatakase.jpg
高瀬さんとジョッパさんの2ショット

さあ、ぼくも参戦かと思いきや、ポツリポツリと天から降ってきた。
さあ、どうしよう。
と迷っているところで、ライターの森久さんのサオが曲がる。
これは行くしかない!

ちなみに、高瀬さんいわく、3、4日もすれば、
流芯に新アカが付いてグッドコンディションになるとのこと。
(山根)

高知県友釣連盟会長現わる!

twitterでつぶやく

内山顕一さんが突然、編集部にやって来た。
内山さんはアユ釣り界の有名人で
高知県友釣連盟の会長である。

P7120002.JPG
底抜けに明るく人望のある内山さん

高知県友釣連盟が主催する
「清流めぐり利き鮎会」は今年で10回目を数える。
その打ち合わせで弊社鈴木社長の元を訪れたというワケ。
全国各地の川からアユを集めて
「どこの川のアユが一番旨いか」
を決める利き鮎会。
何しろ、一度に1000尾のアユを焼くというのだから、
尋常ではない。

坂本竜馬のごとく行動力のある
内山さんだからこそ成せる業だ。
竜馬は酒をあまり飲まなかったらしいが、
元来、高知のいごっそうには、大酒呑みが多い。
僕も何度か高知で内山さんと杯を交わしたことがあるが
その呑みっぷりたるやとてもマネできません!

内山さんの来社は昼だったが、
昼食で向かった先は神保町の老舗ビアホール、ランチョン

P7120006.JPG
ランチョンのランチビール

明治42年創業のランチョンは
古くから生ビールを扱っており
今でも生ビールの旨さには定評がある。

P7120004.JPG
惚れ惚れしてしまう内山さんの呑みっぷり

P7120008.JPG
僕は仕上げにオムライスの大盛

内山さんいわく、今夏の四国は全体的にアユが不調だが、
四万十川は期待ができそうだとのこと。
四万十川はスケールが大きすぎて
アユの付き場を外すとウンともスンともいわないが、
内山さんと一緒なら百人力である。

内山さん、梅雨明けにぜひ、四万十川連れて行ってください!
(山根)














狩野川入れ掛かりアユナビ

twitterでつぶやく

現在発売中の月刊つり人8月号、
そして前号のつり人7月号で
「検証! 友釣り狩野川発祥説」を掲載した。
アユの友釣りという稀代の釣法が産声を上げたのは
狩野川ではなかろうかという説を
福田勝年さんが気が遠くなるような膨大な資料を紐解き
検証していくというものだ。
釣りの歴史や文学が好きな方は必見!

425_L.jpg
入れ掛かりアユナビ〜狩野川〜

こちらは、昨日発売になったばかりの
入れ掛かりアユナビ〜狩野川〜

現在の狩野川のアユの好ポイントを豊富な写真とともに
狩野川漁協の組合長でもある植田正光さんが懇切丁寧に解説している。

IMG_0487.JPG
商品サイズはタテ20cm×ヨコ10cm

持ち運びに便利なコンパクトサイズながら
観音開きで地図が広がり
大門橋〜湯ヶ島温泉までのエリアと大見川を収録。
例年、8月、9月、10月が最盛期となる川だけに、
ぜひとも本書を手に
「友釣り発祥の地」で入れ掛かりを満喫していただきたい。(山根)




最新号
記事検索
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ