ざっと日刊つり人

釣り情報満載! 国内で最も歴史のある釣り雑誌「月刊つり人」編集部員によるオフィシャルブログです。
取材時の裏話など、釣りにちょっぴり役立つ記事を、ざっと日刊でお届けします!

小国川

鮎トーナメントスクール2007開催!

twitterでつぶやく

8月の18、19日に、東北のアユ名川・小国川で
『鮎トーナメントスクール2007』が開催されました。
昨年は僕も講習を受け、伊藤稔先生にみっちり教えていただきましたが、
今年も講師陣は西角嘉昭校長をはじめ、伊藤稔さん、岡崎孝さんなどそうそうたる顔ぶれ。
言葉の端々、ちょっとしたサオさばきの動作、オトリの扱い、ポイントの見極め方などに
上達の秘訣がいっぱい詰まっているので、参加者も熱心。
といってももちろん、終始笑顔が絶えない和やかなムードでした。

講習.jpg
比較的複雑といわれる友釣り仕掛け。
そのせいか、仕掛け作りの講習では参加者の熱気ムンムン


残念ながらサオをだすことはできませんでしたが、
見ているだけでも勉強になりました!

木内さん.jpg
コンディションはよくなかったものの、
参加者のひとり、木内さんは次々アユを掛けていました。
来年は、講師に……?


木村さん.jpg
アユ釣りどころか、そもそも釣りが初めてという参加者も、
アユを手にしてこの笑顔


とにかく、これだけ豪華な講師陣に手取り足取り教えてもらえる
友釣り講習会は、全国的にみてもあまりないはず。
初心者から、トーナメントで勝つことを目指す上級者まで誰でも参加できるうえに、
それぞれのレベルに合った内容の講習が受けられるこのスクール。
来年も開催される予定なので、ぜひ参加してみては?
開催告知は来年アユシーズン開幕あたりの月刊つり人で行ないます!

西角さん.jpg
西角校長のマンツーマンの講習を受ける機会なんて、
なかなかないですよ!


参加者.jpg
今年も多くの参加者が集まりました!
来年はあなたもぜひ!

(真野)

困ったときの入れ掛かりアユMAP

twitterでつぶやく

世間はお盆休み。
神保町にある編集部は年中無休。
本日も、満員御礼ナリ。
(誰も取材に出ていなく、デスクでの入稿と校正に追われています…)

執筆者の皆さんは、
ここぞとばかりに釣りに行って
その結果をご親切にも電話で教えてくれる。
「いや〜、入れ掛かりで筋肉痛だよ」
「釣れるアユは全部20cmオーバーの天然だよ」
と羨ましいを通り越し恨めしいものが多いが、
中には
「つり人に載っていた情報に救われたよ」
なんて救いの声もある。
08-13_17-05_001.jpg
現在発売中の月刊つり人9月号に掲載されている小国川入れ掛かりアユMAP

山形県最上川の支流、小国川は
東北地方を代表する天然アユ河川。
だが、今夏は例年のような数釣りを楽しむというよりは
型が期待できる釣況だという。
月刊つり人でコラム「黒潮ブルース」を連載中の
磯釣りマン、川端和夫さんは夏場はアユ釣り一辺倒で
先日、小国川を訪れた際に
このマップが大いに役立ったという。
一ヵ所で数釣りを堪能できる例年とは異なり、
今夏は足で広範囲を探り歩いたほうがよく、
入れ掛かりマップを頼りに
これまでにサオだししたことがないポイントへ行き
釣果を伸ばすことができたという。

当然ながら
「お礼に小国川のアユ、あげるね」
なんてことにはなりません。
残念ッ!
(山根)





最新号
記事検索
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ