ざっと日刊つり人

釣り情報満載! 国内で最も歴史のある釣り雑誌「月刊つり人」編集部員によるオフィシャルブログです。
取材時の裏話など、釣りにちょっぴり役立つ記事を、ざっと日刊でお届けします!

釣り

釣りの名作

twitterでつぶやく


22時30分。

この時間に家にいるのは
なんだか久しぶりである。

家の外ではコオロギが断続的に鳴いている。
窓から静かに入ってくる夜風が心地いい。

未練がましく出しっぱなしにしていた
アユ釣り道具を片付けるときがきたようだ。

それにしても、静かな夜である。
本を読もう。

釣りの本はたくさんあるが
僕が好きなのは佐藤垢石である。
小社の創設者でもあるが
垢石の随筆は今読んでも最高に面白い。

アユ釣りの余韻が残る秋に読むなら
垢石釣り紀行がオススメ。

trwhtroqrtghoegh

中でも
垢石の初期の名作といわれる
「諸国友釣り漫遊記」
では、魚野川や神通川(宮川)、長良川、藁科川、興津川、狩野川、酒匂川などなど、今でもよく知られたアユ河川が出てきて
古き良き時代のアユ釣りの世界を容易にイメージできる。

垢石は昭和31年に69歳で死去するのだが
まあ、その時代に、なんと色々な場所に釣りに行っていることか。
国内はもとより、海外の辺境にも足を伸ばしているのだ。
交通網の発達した今だったら
全世界を釣り歩いたに違いない。

よし、自分も垢石を見習って
国内外を飛び回るゾ〜!

という淡い期待を抱きつつ
じっと手を見る秋の夜長…
(山根)

釣り人は見た 水辺の怪談 最恐伝説

twitterでつぶやく

ブログネタ
今日の一冊 に参加中!

怪談

神田神保町にある編集部は
深夜でも煌々と灯りがついているため
不夜城といわれている。
また、4Fにあるため
第4サティアンとも。

何日も帰宅していない編集部員が
無精ひげとボサボサの髪で
夜な夜なコンビニに買出しに行く姿は
知らない人が見れば、不気味に映るだろう。

だが、どういうわけか今日は僕ひとりである。

静かで仕事がはかどるものの
静かさに慣れていないため
少し違和感を覚える。

こんなときは読書である。
で、机の上に置いてあった新刊本を読んでみる。

「釣り人は見た 水辺の怪談 最恐伝説」

これは既刊本である『水辺の怪談』、『水辺の怪談2』
の中から特別にコワ〜い話を再収録したものである。
しかも、上記の2冊は
月刊つり人の夏期恒例企画である
「水辺の怪談」の中から
身の毛のよだつような話を選りすぐったものである。

つまり、
「釣り人は見た 水辺の怪談 最恐伝説」
に収録されている話は
金輪際、ひとりで夜釣りには行けなくなってしまうような
恐ろしい話を集めた
最恐のアンソロジーなのである。

ウウッ

読まなきゃよかったと思いつつ
どうしてか止められない。
手が勝手に次のページをめくってしまう…

蒸し暑くて眠れない夜にとってもオススメの一冊です。
(山根)

2008年アユ釣り解禁!

twitterでつぶやく


今年も、いよいよアユ釣りが解禁した。

東日本で先陣を切ったのは栃木県の思川。
こちらは水温が低く、スロースタートだったみたい。
でも、水温が上がる昼くらいからテンポよく掛ったようだ。

高知の物部川も同日に解禁。
こちらは、50尾以上を釣った人もいたようで、今後が楽しみ。
しかし、台風並みの低気圧の影響で増水し、
現在は一休みといったところか。

さて、毎年、関東、東海、中部から
多くのファンがやって来る
静岡県興津川の解禁日は昨日だったのだが、
残念ながらこちらも低気圧の通過に伴い
大水が出て、本流はサオだし不可。
支流の黒川などではどうにかサオをだせたようだが、
例年の賑やかさには程遠い。

だが、興津川は解禁前まで渇水気味で
青ノロが出ていたというだけに、
この雨が恵みになってくれるのは間違いない。
天然アユの遡上量は、例年よりはるかに多いというだけに
今期は期待できそうだ。
ちなみに、興津川は水が引くのが早いため
今日から釣りが楽しめる模様。

今週末は狩野川が解禁。
そして、6月1日からは東北や北陸をのぞく河川の大半が解禁になる。

なんといっても注目は神奈川県相模川と支流中津川
そして酒匂川だ。

かなり多くの天然アユが遡上しており、
しかも春からずっと水量が多かったため
途中の堰を乗り越え、上流部までのぼっている模様。
型もいいという。

解禁日まで、このまま照り込みが続くことを祈りたい!
(山根)

本のチカラ

twitterでつぶやく


本の力はスゴイと思う。

一冊の本が、
いや、一冊の中のたったの一文が
人生を大きく左右することがある。

僕が今の仕事に就いたきっかけは
弊社の「北海道の湖」(絶版)だった。

出版業界などまるで興味はなかったが
その本を穴が空くほど読み
「こんな雑誌を作る仕事もいいなあ」
と思うようになったのである。


おおます

「北海道の湖」とは
内容も作りも違うが
同じ匂いを感じさせるムックが発売になった。

大鱒を巡るである。

名前のとおり
トラウトのポイントガイド本だが、
筆者の情熱がひしひしと伝わってきて
「行ってみたくなる」本だ。

ゴールデンウイークの計画がまだな方は
ぜひともご一読ください。(山根)



再び品切れ…

twitterでつぶやく


先日、再入荷したばかりの
コイ釣りNEWスタイルマガジン
Carp Fishing
が再び品切れとなりました…

うれしい悲鳴といいたいところですが、
読者ならびに関係者の皆様方には
ご迷惑をおかけし申し訳ございません。

今月下旬には再再入荷予定ですので、
いましばらくお待ちください!(山根)

ヒロシがコイに恋!?

twitterでつぶやく


ヒロシカープ1
ヒロシが手にしている本は…?

そう、現在好評発売中の
コイ釣りNEWスタイルマガジン
Carp Fishing

4回目となる
「ヒロシ釣り紀行」のターゲットは
相模川のコイ。
流行のボイリーフィッシングに
ヒロシが初挑戦だ。

ヒロシカープ2
ボイリーでコイを連発したヒロシ

ヒロシカープ3
テルさんと佐藤唯ちゃんはダブルヒット!

ヒロシカープ4
この日のサオ頭は佐藤唯ちゃん。なんと5尾のコイをゲット!

ヒロシカープ5
真剣な面持ちでアドバイスを受ける石原あつ美ちゃん

ヒロシカープ6
講師として招かれたのは福安佳秀さん

強風の中
期待をはるかに上回る釣果に恵まれた
第4回目の「ヒロシ釣り紀行」。
放映は本日23時から
CSテレ朝チャンネルにて。
お見逃しなく!

ロケ地はコチラ

(山根)

箒川にC&R区間誕生!!

twitterでつぶやく

箒川1

3月28日午前5時、
栃木県那須塩原市を流れる箒川で
フライ&ルアー特設エリアが解禁した。
箒川では初の試み。


メインターゲットはニジマス。
正味3時間で
50〜60尾という驚きの釣果があがり、
その多くが50cmオーバーだったという。

箒川2

中には70cmクラスの魚もお目見えしたとか。
当然ながら
キャッチアンドリリース区間なので
魚は残る。
しかも、解禁期間中は
追加放流も予定されている。

遊漁料金は放流日・土日祝日が2500円、平日1200円。

●解禁期間  
3月28日〜6月1日
〔フライ&ルアーエリア(キャッチ&リリース)、松風楼松屋裏より下流夕の原まで約1.5km〕 


箒川3

90cmオーバーを釣ったエサは?

twitterでつぶやく


狩野川2

福安さんが先日
狩野川で90cmオーバーをキャッチした際、
エサになにを用いていたのか。

別に隠すわけではないが
まだ市販されていないため
あえて記述を避けたのだが
教えて欲しいという問い合わせをいただいたので紹介しよう。

今シーズン中に発売が予定されている
バークレイのバズベイトである。

バズ1
ヨーロッパで旋風を巻き起こしているバズベイト

バークレイのバズベイトは
ヨーロッパのカープフィッシングシーンで
立て続けにモンスター級を上げたことで
一躍有名になったボイリー。

ボイリーといっても
実際にはボイルされておらず
他のボイリーとは微妙に異なる。

福安さんが狩野川で90cmオーバーを釣ったのは
写真右のチェリーレッドベリー16ミリ。
この日は、このボイリーのほかにも
赤系統のエサがよく当たった。

その日のコンディションによって
当たりカラーが異なるのも
ボイリーフィッシングの楽しいところ。

バズ2
バズベイトのチェリーレッドベリー16ミリ

この日はあくまでもテストということだったが
バズベイトの国内販売は秒読み段階。
一日でも早く店頭で購入できるようになればいいのだが。
(山根)

CarpFishing再入荷しました!

twitterでつぶやく

3月27日2

おかげさまで
売れ行きが好調で
社内在庫を切らしていた
コイ釣りNEWスタイルマガジン
Carp Fishing
が再入荷しました。

「どこに行ってもないゾ」
というお叱りを多くのお客様から受けました。
読者の皆様方には大変ご迷惑をおかけしました。
ここにお詫びいたします。

弊社のショッピングサイトから購入が可能ですので
ぜひともご利用ください。
(山根)

3月27日1

カープフィッシングは半日四間

twitterでつぶやく


狩野川1

「コイは一日一寸」
という格言がある。

1日に3cm。
つまり、30cmのコイを釣るには
10日間サオをださなくてはならないということ。

東京で桜が満開になった今日
伊豆の狩野川へコイ釣りに。

狩野川3
柿田川合流部の500mほど上流の狩野川

驚いた。
一日一寸どころか
半日四間である。
※(一間=1・8m)

それもこれも
ボイリーという魅惑の丸玉のおかげ。

狩野川4
最後の最後まで抵抗する狩野川の野ゴイ

狩野川2
出たゾ〜! 90cmオーバー

今日はボイリーフィッシングの第一人者である
福安佳秀さんの取材だったが
90cmオーバーを筆頭に2ケタの釣果。
菜の花咲く狩野川の河畔に
バイトアラームが終日鳴りっぱなしだった。

ボイリーはスゴイ。
福安さんはスゴイ。
(山根)
最新号
記事検索
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ