ざっと日刊つり人

釣り情報満載! 国内で最も歴史のある釣り雑誌「月刊つり人」編集部員によるオフィシャルブログです。
取材時の裏話など、釣りにちょっぴり役立つ記事を、ざっと日刊でお届けします!

釣魚料理の季節

twitterでつぶやく

「鯵は味なり」

と、江戸時代の学者、新井白石は言っている。
とびきり味がいい魚だからアジとなったというワケ。

たしかに、アジは旨い。
特に、この時期は脂が乗ってめっちゃ旨い。

そんなわけで
好評発売中の月刊つり人11月号では、第2特集で
ウワサのアジングに迫っています。

trkoagriora

コマセを使わず
ルアーひとつでアジを釣る。

本当に釣れるのか?

これが、信じられないくらい釣れるんです。

まあ、詳しくは月刊つり人11月号を読んでいただくとして
今日の話題は「鯵は味なり」
です。

アジは手軽に釣れるうえに調理も簡単。
魚料理の基本ともいわれている。

アジを上手にさばけるようになれば
マダイだろうが、カワハギだろうが、カンパチだろうが
なんでもこい。

食欲の秋。
魚がとっても美味しくなる秋。

偽装の心配のない釣魚料理に舌鼓を打とうではありませんか!

というわけで
小社から好評発売中の
「釣魚料理本」&「魚のさばき方DVD」を紹介します。

tykgnjaeroira

旬の魚は釣りたてで美味しくいただきます
9月27日に発売になったばかりの最新刊。

収録魚種は
ハゼ、カワハギ、イイダコ、クロマグロ、イワシ、マダイ、マコガレイ、ウミタナゴ、メジナ、ヤマベ、アイナメ、メゴチ、ボラ、マアジ、サヨリ、アマダイ、ハヤ、カサゴ、シロギス、ペヘレイ、サバ、カツオ、イシモチ、オショロコマ、ニジマス、タカベ、イサキ、イナダ、マルソウダ、ヒメマス、ワカサギ、フッコ、メバル、カマス、ムツ

男子でもノープロブレムのお手軽料理法を
カラーページでどんと紹介しています。

gthgtoinbvaofija

続いては
釣魚料理の極意

スローライフ、スローフード、スローフィッシングの達人
西野弘章さんが基本的な料理から独創的な料理までを一挙公開。
ちなみに、現在発売中の月刊つり人11月号でも
西野さんがボラやゴンズイ、ベラといった
B級グルメ料理法を紹介しています。

でもって最後が

gtrhihntgoiagth

魚のさばき方に徹底的にこだわったDVD、その名も
魚のさばき方

江戸時代から続く港区芝の「おかめ鮨」五代目店主が、
早くて、簡単、美しい魚のさばき方を紹介!
収録魚種は
アジ、アナゴ、カワハギ、カレイ、サヨリ、シロギス、マダイ、マゴチ、メゴチ、スミイカ、ヤリイカ
の全11魚種。

さあ、この秋は
豊かな魚食ライフを謳歌しようではありませんか!
(山根)



魚のさばき方知ってます?

twitterでつぶやく



魚のさばき方

釣った魚を美味しくさばく。
でもって、大切な人に食べてもらう。

こういう動機で釣りを始める人も少なくない。

かくいう僕もそのひとり。

養鶏場の排水が流れ込むクリークで釣った
フナやライギョを釣って帰っては
「食べよう、食べよう」
と言って母や祖母からイヤな顔をされたっけ。

毎晩のようにイワシの煮付けを食べていたオヤジに
ブラックバスやニジマスを釣って来て
「たまには、こういう魚も美味しいよ」
と言ってイヤな顔されたっけ。

そんな自分であるが、
今では
「魚を持って行く」
と言えば、
イヤな顔をされるどころか、歓待される。

なぜか。

それは、魚の旬を知っているし
なんとか人並にさばけるからだ。

正月などは、ちょっとしたヒーローである。

まあ、そんなことはどうでもよろしい。
大切なのは
「魚のさばき方」のみを解説したDVDが完成したということ。

講師は港区芝に江戸時代から続く「おかめ鮨」五代目店主の長谷文彦さん。

これさえ見れば
ほとんどの魚のさばき方は分るし
寿司だって握れる。

今度の週末
釣った魚で寿司パーティーなんぞいかがでしょう。
(山根)




最新号
記事検索
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ